「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



神谷美恵子・浦口真左往復書簡集【新装版】<品切>


ハンセン病患者とともに、長島愛生園で精神科医として生きた神谷美恵子。この往復書簡は、終戦直前から最後の病床の入院中まで、米国留学時の友との四十年にわたる、こまやかな交流の記録である。『生きがいについて』の刊行時の思い、精神医学やヴァージニア・ウルフへの興味、読書の感想など、彼女の人柄がいきいきと映し出されている。

「四十年をこえる間、美恵子さんという友人を与えられていたことは、私の生涯にとって何にもかえがたい深い意味のあることでした。その永く、いつも変りない、あたたかい友情を心から感謝いたします。」(浦口真左「神谷美恵子さんへの弔辞」より)


目次


1945年
1946年
1948年
1949年
1950年
1951年
1952年
1953年
1955年
1956年
1957年
1959年
1960年
1962年
1963年
1965年
1966年
1967年
1968年
1969年
1970年
1971年
1972年
1973年
1974年
1975年
1976年
1977年
1978年
1979年

神谷美恵子さんへの弔辞……浦口真左
あとがき……神谷宣郎


著訳者略歴

神谷美恵子
かみや・みえこ

1914年生まれ。1935年津田英学塾卒。コロンビア大学に留学。1944年東京女子医専卒。東京大学医学部精神科、大阪大学医学部神経科勤務を経て、1960年神戸女学院大学教授。1958-72年長島愛生園精神科勤務。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
浦口真左
うらぐち・まさ

1914年生まれ。1935年東京女子高等師範学校理科卒。1938-40年ペンドル・ヒル留学、ペンシルヴェニア大学生物学部大学院修士課程修了。1941-77年普連土学園教諭。1984年歿。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「神谷美恵子・浦口真左往復書簡集【新装版】」の画像:

神谷美恵子・浦口真左往復書簡集【新装版】

「神谷美恵子・浦口真左往復書簡集【新装版】」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/304頁
定価 3,024円(本体2,800円)
ISBN 4-622-04938-4 C0095
1999年4月14日発行
<ただいま品切です>