「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



首をはねろ!【新装版】

メルヘンの中の暴力

EXECUTIONER’S CURRENT:

Thomas Edison, George Westinghouse, and the Invention of the Electric Chair


多くの人にとって、メルヘンは楽しい子供時代の思い出であろう。たとえば有名な「いばら姫」の話――王子さまのキスで百年の眠りから覚めたお姫さまは、王子さまと結婚しました。めでたしめでたし。」だが、これに続く話をどれだけの人が知っているだろうか?――王子の母親は実は人喰い女だった。王子が戦場に行ってしまうと、母親は嫁とその子供たちを食べてしまおうと考える。そして料理人を呼びつけ、孫の一人を料理するように命ずる……
このような残酷な場面が、メルヘンの世界にはたくさん登場する。なぜだろう? また、どんな意味があるのだろう? 著者マレは、グリム童話の中のさまざまな暴力シーンを取り出して、鮮やかに読み解いていく。
ここに描かれているのは、家庭、政治、国家など、現実の世界の反映であった。力を呼び起こし、それを阻止するものは何なのだろうか? マレは心理学者でも、精神分析家でもない。一人の教師が、毎週一度生徒たちに昔話を話して聞かせる、その過程の中からこの本は生まれた。「メルヘンは太古の現代である」とゲーテは言った。普遍的な真実、永遠に変わらない要素を、ゲーテはメルヘンのうちに認めていたのである。



著訳者略歴

カール=ハインツ・マレ
Carl-Heinz Mallet

1926年に生れる。最初小学校の教師を務め、1966年からハンブルクにある知恵遅れの子供のための特殊学校の校長、その後、大学でも講師を務める。1981年からフリーの著述家として活躍している。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
小川真一
おがわ・しんいち

1919年長野県に生れる。1941年東京外国語学校ドイツ語学科卒業、翻訳家。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「首をはねろ!【新装版】」の画像:

首をはねろ!【新装版】

「首をはねろ!【新装版】」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/320頁
定価 2,808円(本体2,600円)
ISBN 4-622-04957-0 C0098
1998年10月20日発行

この本を購入する