「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



みすずライブラリー

わたしの非暴力 1<品切>

MY NON-VIOLENCE

VOLUME 1


1948年1月30日夕刻、凶弾に斃れた〈マハトマ=偉大な魂〉は、複数の民族主義と言語、原理主義的行動にはしりがちな多くの宗教が入り乱れるインドにあって、あくまでも「非暴力」で祖国をイギリスから独立させ、統一しようとした。その79年の生涯を賭けて。
その理想主義を嗤うものもいた。しかしチャーチルは、大英帝国の版図が音を立てて崩壊してゆくのを目撃する。「たった一人の粗末な白衣をまとった小男にイギリスが敗れた」。
本巻には1920年から1940年までのガンディーの言葉による行脚を収める。全2巻。


目次


1 剣の教義
2 私には一歩前進でけっこう
3 われらの隣人
4 辺境地方の友たち
5 兵士たち
6 なぜわたしは前大戦に協力したか
7 わが道
8 西洋についてはどうか
9 アメリカの友らに
10 軍事義務教練
11 ヨーロッパから
12 戦争か平和か
13 非暴力には限界があるか
14 わたしの対戦態度
15 精神対剣
16 良心のために
17 どちらを選ぶか
18 軍事計画について
19 ぬぐいがたい迷信
20 非暴力の理論と実践
21 最大の力
22 非暴力に関する討論
23 非暴力に関する談話
24 われらの失敗
25 平和部隊の資格
26 わたしがチェコ人であったなら
27 ユダヤ人
28 ユダヤ人問題の批判に答えて
29 非暴力と世界の危機
30 非暴力は無力か
31 中国と日本
32 苦悩する世界(1)
33 苦悩する世界(2)
34 一ポーランド女性の苦悩
35 難問題
36 インドの態度
37 試練に直面して
38 難題
39 試練の秋(とき)
40 ノーアカーリーのヒンドゥー教徒への忠告
41 イギリス人が撤退するとき
42 アメリカからの二つの質問
43 民主主義と非暴力
44 ヒトラー主義とどうして闘うか
45 嬉しくも悲しいこと
46 すべてのイギリス人に訴う
47 ガンディー・セヴァー・サンガ(ガンディー主義奉仕団)に
48 悔いるところなし
49 ハーンサヘブのアヒンサー
50 いかにしてアヒンサーを修めるか
51 いかにして弱き民衆を護るか
52 非暴力は実行不可能か
53 道徳的支持
54 イギリス人は何をなすべきか
55 興味深い談話(1)
56 興味深い談話(2)
57 いかにして戦火を消し止めるか
58 機械的であってはならない
59 批評に答えて

編者ノート
訳者あとがき


著訳者略歴

マハトマ・ガンディー
Mohandas Karamchand Gandhi

モーハンダス・カラムチャンド・ガンディーはインド西海岸の小藩王国の宰相の家に生れ、父の一徹な正義感と母の敬虔な信仰心の影響のもとで育った。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
森本達雄
もりもと・たつお

1928年和歌山市に生れる。同志社大学神学部卒業。インド国立ヴィシュヴァ・パーラティー大学準教授、名城大学教授を経て、現在、同大学名誉教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「わたしの非暴力 1」の画像:

わたしの非暴力 1

「わたしの非暴力 1」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/256頁
定価 3,024円(本体2,800円)
ISBN 4-622-05017-X C0331
1997年9月19日発行
<ただいま品切です>