「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



みすずライブラリー

私の哲学の発展<品切>

MY PHILOSOPHICAL DEVELOPMENT


〈ラッセルは、彼自身が一つのラトン的対話である〉(ホワイトヘッド)この自らの哲学の原理的部分の発展を述べた書物が、ラッセルの人間的魅力を強く感じさせるとすれば、その故であろう。原理的部分とは主として論理学・数学・物理学にかかわる哲学的分析の仕事であり、本書はその分析によって真と認めえた理論を次々と要約して示しているのである。しかも青年時代のヘーゲル哲学との別れなどは、劇的表現さえともなう。デカルトの分析とヴォルテールの自由思想とシェリの熱情とを持続した人、ラッセルの哲学の総決算書といった趣きの本。



著訳者略歴

バートランド・ラッセル
Bertrand Russell

イギリスの哲学者。17世紀以来のイギリスの貴族ラッセル家に生れる。ケンブリッジ大学で数学・哲学を学んだ。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
野田又夫
のだ・またお

1910年大阪に生れる。1933年京都大学文学部哲学科卒業。京都大学名誉教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「私の哲学の発展」の画像:

私の哲学の発展

「私の哲学の発展」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/376頁
定価 2,750円(本体2,500円)
ISBN 4-622-05019-6 C1310
1997年9月19日発行
<ただいま品切です>