みすず書房

ギリシアの泉

みすずライブラリー 第2期

LA SOURCE GRECQUE

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 288頁
定価 2,750円 (本体:2,500円)
ISBN 978-4-622-05027-8
Cコード C1310
発行日 1998年9月22日
備考 現在品切
オンラインで購入
ギリシアの泉

古代ギリシアに関するヴェーユの論文と断片を集めた。ホメロスやソフォクレスなど古代ギリシアの詩篇は、ヴェーユの思索の底に流れる水脈の一つであり、その思想のギリシア的源泉ともいえるものであった。ヴェーユはこれらの詩篇に、勝者であれ敗者であれ、人間であれば等しく運命によって分け与えられる悲惨と、その悲惨の中にちりばめられた勇気や愛の強さを見出した。

「ギリシア文明はことごとく、人間の悲惨と神の完全性とのあいだに架け橋を築く試みである」。プラトンの思想のうちに、キリスト教的神秘主義との完全な一致を見ることができるとする「プラトンにおける神」は、本書の圧巻であろう。