「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



みすずライブラリー 第2期

コーマルタン界隈<品切>

著者
山田稔

パリの街で「私」が住んだところは、「昼間、百貨店目指して方々から押寄せて来た人波が溢れ出て流れ込み、日暮れとともに汚物を残して退いて行く、まるでどぶ川のごとき場所」だった。夜になれば売春婦が出没するこの賑やかな街で、ひっそりと暮らす「私」が界隈の人たちと持つ、けっして深くはないが浅くもないかかわり。気配だけで知っているアパートの隣人、犬を連れた女、毎朝通うパン屋の無愛想なマダム、大道芸人……。
発表当時、「忘れがたい連作小説、いや、忘れてはならない作品」(篠田一士)と評された短篇集に、やはりパリでの暮らしに材を得た「オートゥイユ、仮の栖」を添えた。解説・堀江敏幸。



著訳者略歴

山田稔
やまだ・みのる

1930年、門司に生まれる。作家。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「コーマルタン界隈」の画像:

コーマルタン界隈

「コーマルタン界隈」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/224頁
定価 2,592円(本体2,400円)
ISBN 4-622-05042-0 C1395
1999年9月10日発行
<ただいま品切です>