みすず書房

青ひげの城にて

みすずライブラリー 第2期

文化の再定義への覚書

IN BLUEBEARD’S CASTLE

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 176頁
定価 2,200円 (本体:2,000円)
ISBN 978-4-622-05053-7
Cコード C1398
発行日 2000年3月10日
備考 現在品切
オンラインで購入
青ひげの城にて

『脱領域の知性』『バベルの後に』で知られる批評家スタイナー。彼は1929年オーストリア系ユダヤ人としてパリに生まれ、ドイツ軍のパリ占領前にアメリカヘ逃れた。このようにナチスのユダヤ人虐殺を生きのびたことが、批評の原点となっている。本書においても、エリオットの『文化の定義への覚書』への批判を端緒にして、キリスト教社会におけるユダヤ人について考察し、バルトークのオペラ「青ひげ公の城」になぞらえて、西欧文化の進歩の公理に疑念を提示する。

哲学、文学、音楽、自然科学など、豊富なヨーロッパ文化への知識に裏付けられた洞察は、見事な文明批評たりえている。