みすず書房

夢と実存【新装版】

TRAUM UND EXISTENZ in "Ausgewählte Vortäge und Aufsätze I" Von Ludwig Binswanger

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 176頁
定価 2,640円 (本体:2,400円)
ISBN 978-4-622-05101-5
Cコード C1010
発行日 2001年6月20日
備考 現在品切
オンラインで購入
夢と実存【新装版】

〈フーコーの(序論〉は、その時代の彼の知的方向づけを伝える最良の鏡である。だがもっと根本的にはそれは、彼自身の関心事を、彼が現に自分に課し今後も課すようになる数々の問題を把握するための、また彼の仕事の形成過程をその起点において把握できるかもしれぬ本質的なテクストである〉(D・エリボン)

1954年、28歳のミシェル・フーコーは、夢を通して現存在分析の重要性を説いたビンスワンガーの「夢と実存」を友人とともに仏訳、併せて本文の倍におよぶ〈序論〉を執筆した。夢とは眠りの延長ではない。睡眠が生きるための保存行為であるのに対して、夢は死へと向かってゆく……フロイトの夢解釈やフッサールの現象学、さらにはサルトルの想像力論をのりこえつつ、夢と想像力と自由と死の連関を、フーコーは縦横に論じ、実存の成り立つ場、想像力の起源としての〈夢〉の可能性を追求してゆく。その緻密かつ気迫ある文章は、われわれを圧倒してやまない。

伝説と化したフーコーの第一作が、ビンスワンガーの名篇とともに、ここに一書になった。本書は、夢をめぐる研究に多大な刺戟を与えるだけでなく、フーコーを理解する最良のテクストとなるだろう。

[ビンスワンガー『夢と実存』荻野恒一訳 初版1960年発行]
[ビンスワンガー/フーコー『夢と実存』荻野・中村・小須田訳 初版1992年発行]

目次

序論  ミシェル・フーコー
夢と実存  ルートヴィヒ・ビンスワンガー
訳者あとがき