みすず書房

国防軍とヒトラー I【新装版】

1918-1945

THE NEMESIS OF POWER

判型 A5判 タテ210mm×ヨコ148mm
頁数 360頁
定価 5,940円 (本体:5,400円)
ISBN 978-4-622-05107-7
Cコード C3031
発行日 2002年4月16日
備考 現在品切
オンラインで購入
国防軍とヒトラー I【新装版】

ヒトラーを操縦してドイツの国家権力を握った瞬間、逆にヒトラーに支配されることとなった国防軍。ニュルンベルク裁判における、イギリス代表団に随行した経験のある歴史家が、第一次世界大戦の敗北から、1944年7月22日のヒトラー暗殺計画失敗に到る、国防軍とヒトラーとの関係を詳述する。

本巻は1918年11月から38年2月まで。ゼークトやシュナイヘルが国防軍をどのように指揮し、ワイマール共和国とどのような関係を築いたのか、また共和国崩壊に責任を負っているのか、を描写する。

第二次世界大戦後の歴史における、軍隊のあり方と政治のあり方との関連という、いまだに解決のつかない問題にも光を投げかける大著である。全2巻。

[1961年4月初版発行/2002年新装版]

目次

はじめに

第一部 軍と共和国 1918年-1926年
1 スパからカップまで(1918年11月-1920年3月)
2 ゼークト時代 (1920年-1926年)
第二部 軍とヒトラー 1920年-1933年
1 求愛、蜜月そして別離(1920年-1926年)
2 シュライヘル時代(1926年-1933年)
第三部 ヒトラーと軍 1933年-1945年
1 権力獲得からヒンデンブルクの死まで(1933年1月-1934年8月)
2 ヒンデンブルクの死からフリッチュ危機まで(1934年8月-1938年2月)