みすず書房

国防軍とヒトラー II【新装版】

1918-1945

THE NEMESIS OF POWER

判型 A5判 タテ210mm×ヨコ148mm
頁数 416頁
定価 6,160円 (本体:5,600円)
ISBN 978-4-622-05108-4
Cコード C3031
発行日 2002年4月16日
備考 現在品切
オンラインで購入
国防軍とヒトラー II【新装版】

「一口にいえば、ドイツ軍部が国家の内部で最高権力を得た後、実体を捨てて影をとり、その行為のために応報の女神ネメシスの犠牲になるに至った経緯についての物語である」(第I巻「序」より)。

本巻は1938年2月から44年7月まで。ヒトラー政権下、その抵抗勢力として国防軍はどういう立場を取っていたのか、そして44年7月22日のヒトラー暗殺計画の失敗により、その権力を失う過程を叙述する。

事実関係の精密な再構成と、関係者たちの人間的な苦悩を中軸に据えたドラマティックな記述とが見事に統一された《古典》は、この21世紀においても歴史への関心を喚起するであろう。全2巻。

[1961年11月初版発行/2002年新装版]

目次

3 フリッチュ危機から戦争勃発まで(1938年2月-1939年9月)
4 東部戦線における勝利と「偽りの戦争」(1939年9月-1940年6月)
5 電撃戦からスーターリングラードまで(1940年7月-1943年2月)
6 スターリングラードからノルマンディーまで(1943年2月-1944年7月)
7 1944年7月20日
エピローグ

付録
 付録A/付録B/付録C/付録D/付録E
年表
参考文献
索引