みすず書房

ムハンマド【新装版】

預言者と政治家

MUHAMMAD

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 320頁
定価 3,960円 (本体:3,600円)
ISBN 978-4-622-05133-6
Cコード C1014
発行日 2002年6月 5日
オンラインで購入
ムハンマド【新装版】

〈アッラーの他に神なく、ムハンマドはアッラーの使徒なり〉イスラム教を創始した偉大な預言者ムハンマドはまた、厳格な立法者、洞察力ある政治家として、歴史に大きな影をおとす巨像である。彼の創造的想像力の生み出した思想は、人間存在の核心にかかわるがゆえに、彼の同時代のアラブの民のみならず、時空をこえて数限りない人々の心と力をよびさましてきた。

7世紀アラビアの都市メッカに、孤児として生まれ、妻ハディージャと出会い、神の召命を受け、メッカの大商人階級とユダヤ教徒との抗争を勝利に導き、パクス・イスラミカを夢みつつ没する。ムハンマドの劇的生涯は、古来幾多の伝説につつまれてきた。そのなかにあって著者ワットは、《コーラン》の編集的研究の成果と、社会学的分析とにもとづいて、ムハンマドとイスラム教の出現にアプローチする。その成果は20世紀イスラム学の記念碑ともいうべき二大作《メッカのムハンマド》と《メディナのムハンマド》に結実した。本書はそのエッセンスであり、ムハンマドの人間像に新しい光をあてる。

[1970年12月初版発行/2002年5月新装版初版発行]

目次

凡例
序文

第1章 天賦の才ある孤児
二大帝国の拮抗/商業中心地の生活

第2章 預言者としての召命
「起きて、警告せよ」/コーランの最初期のメッセージ/最初のイスラム教徒/ユダヤ教、キリスト教の影響/新宗教思想の社会適合

第3章 抵抗と拒絶
アル・アルカムの家にて/「悪魔の啓示」の話/アビシニアへの移住/論争/ハーシム家のボイコット/アブー・ラハブの背信

第4章 メディナへの移住
メディナからの懇願/メディナの苦悩/ヒジュラ/メディナ初期

第5章 メッカに対する挑戦
最初の遠征、あるいは掠奪/最初の流血/ユダヤ教徒との訣別/バドルの戦い(624年3月15日)/バドルの戦いの意義

第6章 メッカの反撃の失敗
メディナの統合、カイヌカーの追放/624年、バドル後の遠征、メッカの準備/ウフドの戦い(625年3月23日)/ウフドの影響/二回目のユダヤ教徒の追放/婚姻と遺産相続の改革/626年の遠征/メディナ包囲攻撃/ユダヤ教徒、クライザの処刑

第7章 メッカの征服
新たなる視界/遠征とフダイビヤの盟約/ハイバル征伐(628年5-6月)/増大する勢力/凋落のメッカ/メッカの降服/フナインの戦い(630年1月31日)/勝利の強化

第8章 アラビア半島の支配者
フナイン後の地位/ペルシャ帝国の衰微とその結果/北方への進撃/ムハンマドの勢力範囲/最後の月日

第9章 結び——総合評価
容貌と動作/喧伝された道徳上の欠陥/何が彼を偉人にしたのか/ムハンマドは預言者であったのか

原注および訳注
文献解題
訳者後記
索引