「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



〈太平洋の橋〉としての新渡戸稲造【オンデマンド版】

著者
太田雄三

英文『武士道』の著者、国際人ニトベの実像を、日米双方の文献から徹底調査して浮彫りにする。

[1986年2月初版発行]



著訳者略歴

太田雄三
おおた・ゆうぞう

1943年、横浜市に生まれる。1967年、東京大学教養学部教養学科卒業。東京大学助手を経て、1974年以来カナダのマッギル(McGill)大学で日本史を教えている。現在同大学準教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「〈太平洋の橋〉としての新渡戸稲造【オンデマンド版】」の画像:

〈太平洋の橋〉としての新渡戸稲造【オンデマンド版】

「〈太平洋の橋〉としての新渡戸稲造【オンデマンド版】」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/168頁
定価 2,592円(本体2,400円)
ISBN 4-622-06001-9 C1023
1999年12月31日発行