「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



みすずリプリント 20

最近憲法論【オンデマンド版】


立憲国家か天皇制国家か、法学界を震撼させた憲法論争は、当事者二人の論争に止まらず穂積八束、市村光恵、浮田和民、井上密、織田萬らを含みいわゆる第一次天皇機関説事件となった。付録・天皇親政説(吉野作造)

[1989年8月初版発行]



著訳者略歴

星島二郎
ほししま・にろう

この本の関連書


「最近憲法論【オンデマンド版】」の画像:

最近憲法論【オンデマンド版】

「最近憲法論【オンデマンド版】」の書籍情報:

菊判 タテ218mm×ヨコ148mm/538頁
定価 12,100円(本体11,000円)
ISBN 4-622-06180-5 C0321
2005年9月30日発行