「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



北一輝著作集 1【オンデマンド版】

国体論及び純正社会主義

著者
北一輝
解説
神島二郎

本書は1906年、北一輝23歳のとき自費出版された。「一千頁の大著人をして歓喜せしむ」と論壇は沸いた。河上肇、片山潜、福田徳三、木下尚江は讃嘆し、板垣退助は「この書の発刊二十年おそかりし」を嘆じたという。
しかし本書で論ぜられた国体論、歴史観、経済論、社会主義論などは、明治政府を震駭させ、なかんずく東京日日新聞は「我立国の基礎に関し特に教育上の本義に重大なり」と論難したため、「朝憲紊乱」の名目でついに発禁処分を受けた。初版500部は、警視庁により直ちに押収された。
それ以来、本書は日本思想史上において、「謎に包まれた古典」として伝説的な存在を保っていた。著者は後年、中国革命に参加し、二・二六事件で処刑されるという数奇な運命を辿るにいたる。
本書はこの名前のみ知られるに過ぎなかった伝説の書を、その完全な形態において公刊したものである。


目次


凡例

緒言
第一編 社会主義の経済的正義
第二編 社会主義の倫理的理想
第三編 生物進化論と社会哲学
第四編 所謂国体論の復古的革命主義
第五編 社会主義の啓蒙運動

解説(神島二郎)

〔本書はすべて旧字で表記されています〕


著訳者略歴

北一輝
きた・いっき

1883年新潟県佐渡郡湊町に生まる。佐渡中学中退後、19歳頃より論文を主として佐渡新聞に発表。1906年5月東京で、『国体論及び純正社会主義』を自費出版するが、一週間を経ずして発禁の処分を受く。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
神島二郎
かみしま・じろう

この本の関連書


「北一輝著作集 1【オンデマンド版】」の画像:

北一輝著作集 1【オンデマンド版】

「北一輝著作集 1【オンデマンド版】」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/458頁
定価 12,960円(本体12,000円)
ISBN 978-4-622-06243-1 C3021
2013年5月16日発行