「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



北一輝著作集 2【オンデマンド版】

支那革命外史・日本改造法案大綱

著者
北一輝
解説
野村浩一
解説
今井清一

中国で清朝政府を打倒した辛亥革命に参加した北一輝は、一九一五年の第三革命の真只中で、この「外史」を書いた。
『古今凡ての革命運動」は「実に思想の戦争にして兵火の勝敗に非ず」と断じた北は、思想と武器によって武装した農民兵士が、民族のエネルギーを爆発させたとき、革命は成る、と予言している。
大陸浪人を冷笑し、日本の対支政策の貪欲、愚弄を痛罵した本書は、ただ一人吉野作造によりその存在を認められたにすぎず、支那革命について書かれた、唯一最高の文献という本書への評価は、戦後になりようやく一般化したものである。
「法案」は大正8年8月、五・四運動渦中の上海で、断食40日にして書き上げたもの。「国家改造案原理大綱」と名づけられ、猶存社より秘密に頒布された。
爾来、二・二六事件で爆発する「昭和維新」運動を決行した青年将校を中心に秘密のうちに読まれた。革命大帝国、持たざる国の権利を不気味なまでに予言した、昭和の超国家主義運動の「我が闘争」が、これである。


目次


凡例

一 支那革命外史
二 国家改造案原理大綱
三 日本改造法案大綱
  改造社版
  西田税版及び補遺
  ヨッフエ君に訓ふる公開状

本巻のテキストについて
解説(野村浩一・今井清一)

〔本書はすべて旧字で表記されています〕


著訳者略歴

北一輝
きた・いっき

1883年新潟県佐渡郡湊町に生まる。佐渡中学中退後、19歳頃より論文を主として佐渡新聞に発表。1906年5月東京で、『国体論及び純正社会主義』を自費出版するが、一週間を経ずして発禁の処分を受く。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
野村浩一
のむら・こういち
今井清一
いまい・せいいち

この本の関連書


「北一輝著作集 2【オンデマンド版】」の画像:

北一輝著作集 2【オンデマンド版】

「北一輝著作集 2【オンデマンド版】」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/456頁
定価 13,200円(本体12,000円)
ISBN 978-4-622-06244-8 C3021
2013年5月16日発行