「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



なぜ戦争は終わらないか<品切>

ユーゴ問題で民族・紛争・国際政治を考える

著者
千田善

21世紀に入ったが、世界は平和になったとは言えない。近い将来に戦争が起きる危険が世界のあちこちにある。戦争や紛争を防ぐためには何をしなければならないかを追究するとき、ボスニアやコソボなど、旧ユーゴの問題は非常に示唆的である。

2001年9月11日の「同時多発テロ」やそれに続くアフガニスタン戦争、対イラク攻撃、パレスチナ問題などの中東・イスラム世界をめぐる紛争で、なぜアメリカがあのような一連の行動に出たのかを知る鍵もユーゴ紛争の中にある。

アメリカの軍事・外交政策が湾岸戦争から旧ユーゴ問題への対応を通じて形成されてきたことを知っていれば、今後の動向もある程度、説明できる。

ボスニアやコソボなどの紛争をくわしく見ることによって、現在の国際社会が抱える問題は何か、どうすれば解決できるかを考えて行こうと思う。

紛争解決における国際社会の失敗や歪みの後遺症はきわめて深刻である。いったいどのような後遺症が存在するのか。20世紀最後の10年間にスポットを当てることで、21世紀初頭の世界が抱える問題のルーツを明快に解き明かす。



著訳者略歴

千田善
ちだ・ぜん

1958年岩手県に生まれる。東京大学教育学部卒業。ベオグラード大学政治学部大学院修士課程中退(国際政治専攻)。6年余のベオグラード生活を経て、現在フリーランスのジャーナリスト。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

著者からひとこと

最初の構想から3年かかった新刊『なぜ戦争は終わらないか』がようやくできあがりました。ホッとする間もなく、アメリカがイラクに対する軍事攻撃の準備を急いでいます。

イラク問題は本文中でも少しふれていますが、また戦争になるのでしょうか。 ...続きを読む »

この本の関連書


「なぜ戦争は終わらないか」の画像:

なぜ戦争は終わらないか

「なぜ戦争は終わらないか」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/264頁
定価 2,700円(本体2,500円)
ISBN 4-622-07014-6 C1031
2002年11月1日発行
<ただいま品切です>