「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



アフガニスタン

国連和平活動と地域紛争

著者
川端清隆

「われわれの眼に映るアフガニスタンは、決して美しくない。侵略や内政干渉、果てることのない内戦、過激な宗教運動と国際テロの跳梁、おびただしい数の難民、女性差別など目に余る人権侵害――アフガン紛争は、現代世界が抱えるあらゆる問題の展示場だ。……けれど、この醜悪ともいえるイメージこそ、実はわれわれ自身の姿の投影に過ぎないと知る者は、いったい何人いるのだろうか……」(「はじめに」より)

本書は、世界初公開の資料を駆使し、和平の現場から20余年にわたる国連や加盟国の試行錯誤の経緯を余すことなく描き出した、アフガニスタンにおける国連和平活動の集大成である。

アフガン紛争ほど、世界の実像を正確に映す鏡はない。紛争を通し、超大国や周辺国の独善的な政策や、国際社会の事なかれ主義が見事に炙り出された。紛争はまた、日本外交の限界と可能性をも鮮明に映し、冷戦後の世界に生きる日本と国際社会の関わりのあり様を、問うて止まない。

アジアをはじめとする国際社会との連帯が日本の生きる道であるとするなら、広く多くの日本人が、国連和平活動の実態を理解する必要性は、飛躍的に増大したのではないだろうか。

「決然たる努力なくして、平和は守れません。この本は、和平活動の全容を鮮やかに描き出しており、私たち日本人にとって、国際貢献を考えるための必読の書です」――緒方貞子氏推薦の言葉より



著訳者略歴

川端清隆
かわばた・きよたか

1954年大阪生まれ。国連本部政務官(アフガニスタン担当)。米国コロンビア大学大学院政治学部卒業。82年より88年まで時事通信記者。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

著者からひとこと

世界貿易センターが崩れ落ちた日、マンハッタンの中にいた。

事件を目撃したのは、通勤バスの中だった。南タワーに第二のハイジャック機が突入し、オレンジ色の巨大な炎が上がるのを、対岸のニュージャージーから他の乗客と共に唖然として眺めた。 ...続きを読む »

この本の関連書


「アフガニスタン」の画像:

アフガニスタン

「アフガニスタン」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/272頁
定価 2,750円(本体2,500円)
ISBN 4-622-07015-4 C1031
2002年11月25日発行

この本を購入する