「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



天空のパイ

計算・思考・存在

PI IN THE SKY

COUNTING, THINKING, AND BEING


はるか宇宙の果てをさぐるにせよ、微細な素粒子を扱うにせよ、物理世界の理解を目ざして探求を始めるとき、私たちは必ず「数学」という言語を自明の基礎として用いる。しかし、数学へのこのような信頼には根拠があるのだろうか。数学とはいったい何であり、なぜうまく働くのだろうか。

『万物理論』の著者バローによるこの問いかけから、読者は数学の起源、意味、謎をめぐる魅惑的な旅に引き込まれることになる。古代の計数文化からコンピュータへ、ピュタゴラスからヒルベルト、ゲーデルへ。立場を異にする数学者たちの悲喜劇を交え、練達の道案内が展開されていく。

数学とは数学者によって「発見」されるような真理なのか、それとも実際上の必要に迫られて人間が発明した人工物にすぎないのか。数学とは一種の宗教なのか。プラトン主義に拠るならば「π」はまさに天空にある。苦闘の歴史を刻んできた20世紀数学。現在、次なる可能性を見守る地点にわれわれは立っている。



著訳者略歴

ジョン・D・バロー
John D. Barrow

1952年、ロンドンに生まれる。ダーラム大学卒業後、1977年、オクスフォード大学でPh.D.(天体物理学)を取得。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
林大
はやし・まさる

1967年、千葉県生まれ。東京大学経済学部卒業。翻訳家。訳書 ザイエンス『光と視覚の科学』、バーリンスキ『史上最大の発明アルゴリズム』ほか。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「天空のパイ」の画像:

天空のパイ

「天空のパイ」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/408頁
定価 5,616円(本体5,200円)
ISBN 4-622-07018-9 C1040
2003年1月24日発行

この本を購入する