「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ガンディーの真理 1【新装版】<品切>

戦闘的非暴力の起原

GANDHI’S TRUTH


本書は、マハトマ・ガンディーの歴史的存在と、かれが「真理」(サティヤーグラハ)と呼んだものの意味についての、「西洋」の一精神分析学者の探究である。

エリク・エリクソンは、1962年、ライフ・サイクルに関するセミナーのためアーメダバードを訪れる。1918年にガンディーによって紡績工場ストライキが指導され、初めての断食がおこなわれた都市である。ストは成功のうちに収拾された。しかし、後年執筆された『自伝』や伝記において、この事件の記述はわずかであり、そこにはある種の困惑さえ含まれている。この着目から著者は、ガンディーの不安の底にあるものへ関心を凝縮し、真理把握への試行を明らかにしようと試みた。

第一巻では、『自伝』の全体と、当時の信奉者との親しい触れ合いから得られた証言に、臨床的観察を加えつつ、事件を再構成する(第一部)。さらに幼年期と青年期の徹底した解釈を通じて、父と息子、母と子、友人、セクシュアリティなどのアンビヴァレントな構造を分析し、のちの実存的実験の基礎を浮彫りにする(第二部)。

各世代を通ずる現代のアイデンティティ確証の要求にたいして深い示唆を与えずにはおかぬであろう。全2巻。



著訳者略歴

エリク・H・エリクソン
Erik H. Erikson

1902年ドイツに生まれる。精神分析家・思想家。アンナ・フロイトに教育分析を受け、ウィーン精神分析研究所で児童の分析に従事。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
星野美賀子
ほしの・みかこ

1931年広島に生まれる。1954年津田塾大学卒業。1956年東京大学大学院英文科修士課程修了。米国ラドクリフ大学留学、元津田塾大学教授。著書『T.S.エリオット――詩と人生』(1982、研究社)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「ガンディーの真理 1【新装版】」の画像:

ガンディーの真理 1【新装版】

「ガンディーの真理 1【新装版】」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/352頁
定価 3,888円(本体3,600円)
ISBN 4-622-07021-9 C1031
2002年11月22日発行
<ただいま品切です>