「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



星星之火


永山正昭は小樽出身、20歳そこそこで船の通信士となり、2年ほど香港―ニューヨーク航路で働いた。その後は海上労働運動に専心し、戦中―戦後を通じて、海員向け機関紙・誌の編集にも関わった。

さらに戦後は日本共産党に入党、『アカハタ』記者ともなる。退職後、手書きの『星星之火通信』の発行を開始。本書は、『通信』の膨大な文章群から厳選し、それを核として編んだ自伝的エッセーの束であり、時代の貴重な証言である。すぐれた運動家、独特な読書家、そして文学の才に富み、洞察の人でもあった永山の全貌が、ここにはじめて一冊になる。



著訳者略歴

永山正昭
ながやま・まさあき

1913年、小樽市に生まれる。1934年、官立無線電信講習所卒業後、次席通信士として岸本汽船関西丸に乗船。1936年下船、無線技士会常任委員に就任。のちに海員協会勤務。1946年、日本共産党入党、47年党本部勤務。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
平岡茂樹
ひらおか・しげき

1927年、朝鮮平安南道、鎮南浦府に生まれる。1954年、東京大学法学部政治学科卒業。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
飯田朋子
いいだ・ともこ

1928年、千葉県に生まれる。1953年法政大学第二文学部日本文学科卒業。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「星星之火」の画像:

星星之火

「星星之火」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/344頁
定価 3,080円(本体2,800円)
ISBN 4-622-07045-6 C1036
2003年7月16日発行

この本を購入する