「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ビキニ事件の真実

いのちの岐路で

著者
大石又七

「核兵器の恐ろしさを誰かが言わなければ、いつかきっと大変なことが起こる。それを知っているのは被害を受けた当事者、死の恐怖を身をもって体験してきた俺たち自身ではないのか。そんなふうに少しずつ思うようになっていた。」

1954年3月1日、太平洋ビキニ環礁近くでマグロ漁をしていた第五福竜丸の乗組員は見たことのない光と音を目撃、その後、乗組員に白い粉が降りかかってきた。それは広島型原爆の千倍の威力をもつ水素爆弾「ブラボー」の爆発でできた死の灰だった。世界を震撼させたビキニ事件は、こうして始まる。放射能雨、原爆マグロ、そして被爆した23人の乗組員の一人、久保山愛吉さんの死。原水爆禁止運動は日本から世界中に広まっていった。

しかし、冷戦の力学の中、日本政府はアメリカ政府との間で200万ドルの見舞金と原子力技術の供与という政治決着を行い、わずか9カ月で事件に蓋をする。被爆した乗組員への補償はその後何らなく、彼らは障害を抱えたまま、事件は忘れ去られていった。だが、事件は終わっていない。

第五福竜丸の乗組員であった著者は、長年、被爆者であることを隠し通してきた。しかし1983年、著者は体験を語り始める。小中学校で、高校で、全国各地で。あれから50年、証言や資料なども駆使しつつ、ここにビキニ事件の真実が初めて明らかになる。核廃絶の思いとともにおくる衝撃作。


目次


1 被爆
俺の中にあるビキニ事件
水爆ブラボーの威力
核兵器が作られた経緯
呪われた航海
光と音、そして真っ白な灰

2 帰港・混乱
焼津港に帰る
入院
広がる放射能汚染
久保山局長の死
ビキニ事件の外交文書
密使「ツチヤ」が介入
毒を持って毒を制す
もう一つのショック
切り捨てられたビキニ被爆者

3 命の岐路で
作られたケロイド
ガン摘出・俺の場合
マスメデイア・取材される側
忘れられない人々
俺の旅
メジナとメジロ

4 事件はまだ終わっていない
引き揚げられたエンジン
仲間たちへの合同慰霊祭
事件に網をかぶせた人たち
なぜマグロ塚か
船員保険・再適用勝ち取る
三・一ビキニデー
マグロ丼と横須賀基地
修学旅行の生徒たち
水爆実験の地・マーシャル訪問

あとがき
関連資料
人名索引


著訳者略歴

大石又七
おおいし・またしち

1934年、静岡県榛原郡吉田町に生まれる。1948年から漁師となり、1953年に新たにできたマグロ漁船第五福竜丸に乗船、5度目の航海中の1954年3月1日、ビキニ環礁で被爆。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

大江健三郎(作家)
<朝日新聞 2011年3月15日(火)>
<朝日新聞(別刷)be 2011年8月6日(土)>

この本の関連書


「ビキニ事件の真実」の画像:

ビキニ事件の真実

「ビキニ事件の真実」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/304頁
定価 2,860円(本体2,600円)
ISBN 4-622-07048-0 C0036
2003年7月24日発行

この本を購入する