「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



子供の本 持札公開a

物語の読者として

著者
今江祥智

「アラゴンに『手の内を見せる』という一冊があった。いつかその真似の真似でもいいから、ちょっとした試みをやってみたいと考えていた。タイトルは頂戴して『持札公開』。例えば、ナンセンス・テールとは何か。ファンタジーとは何か。絵本のテキストはどう書くのか。少年少女のラブ・ストーリーとは? 新しい『偉人伝』の可能性は?……各国各様の実例をあげ、自分なりにそれぞれの方法をまとめたうえ、自分でも新作を一つずつ書く。それはもう地図を読めずに道に迷うどころか、自分でつくった地図を本物に変えるような力業になるかもしれない。」(「はじめに」より)

この卓抜なアイディアは、大石真『チョコレート戦争』、倉本聰『北の国から』、江國香織、川島誠まで手がけてきた希代の名編集者・今江祥智のもの。この離れ業をやってのけたのは、この国の創作児童文学が生まれてからきょうまで、いつもトップをきって走りつづける長距離作家・今江祥智の底力。ケストナーから藤沢周平、庄野潤三からプレヴェールへ、縦横自在な「読書ノート」のなかに語られる創作技法。異才をかたちにした異色のエッセイ=文学論。


目次


はじめに

1 物語のはじまり、はじめての物語
  (アーノルド・ローベル『ふたりはともだち』ほか)

2 ナンセンス・ナンセンス
  (二宮由紀子『うっかりウサギのう~んと長かった1日』ほか)

3 ファンタジー裏通り
  (森山京『12のつきのちいさなおはなし』ほか)

4 ボーイ・ミーツ・ガール・ストーリー
  (高田桂子『うさぎ月』ほか)

5 動物噺など
  (川島誠『しろいくまとくすのき』ほか)

6 寓話の力
  (ライナー・チムニク『セーヌの釣りびとヨナス』ほか)

7 絵本劇場へ、ようこそ
  (ガブリエル・バンサン『おてがみです』/長新太『どろにんげん』ほか)

8 対話篇
  (工藤直子『てつがくのライオン』ほか)

9 幸福論への一瞥――自伝のはなし
  (ロアルド・ダール『少年』ほか)

10 「まげもの」の愉しみ
  (藤沢周平『用心棒日月抄』ほか)

11 詩人たちのまなざし
  (『プレヴェール詩集』/『まど・みちお全詩集』ほか)

12 偉人伝の話
  (寺村輝夫『アフリカのシュヴァイツァー』ほか)

13 長篇作法
  (庄野潤三『ザボンの花』ほか)

14 ピカレスクの誘惑
  (ジャニ・ハウカー『はしけのアナグマ』ほか)

15 期待の新人
  (佐野洋子『だってだってのおばあさん』/江國香織『つめたいよるに』ほか)

16 明日の話
  (堀内誠一『ぼくの絵本美術館』ほか)

* ( )内はそれぞれの章でとりあげられる作品です


著訳者略歴

今江祥智
いまえ・よしとも

1932年大阪市に生まれる。同志社大学文学部英文科卒業。中学校教師、編集者をしながら創作活動に入る。60年『山のむこうは青い海だった』(理論社)を刊行。68年京都に移り、聖母女学院短期大学で児童文学を講じる。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

編集者からひとこと

『子供の本 持札公開』aは「理論篇」です。作品論をとおして16の書き方を伝授するこの「理論篇」の巻と一対で、同日に出版された「実作篇」が別にあります。『子供の本 持札公開』bをどうぞ。そちらは、「理論篇」の各章で出された方法的課題に、作家・今江祥智みずからが答えた新作集。 ...続きを読む »

この本の関連書


「子供の本 持札公開a」の画像:

子供の本 持札公開a

「子供の本 持札公開a」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/336頁
定価 3,240円(本体3,000円)
ISBN 4-622-07049-9 C0095
2003年7月25日発行

この本を購入する