「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



大虚鳥<品切>


「俳人自照
初鴉大虚鳥こそ光あれ 草田男
初鴉大虚鳥こそ天翔けれ 草田男
初鴉大虚鳥の声限り 草田男

大虚鳥(おほをそどり)は大軽率鳥とも表記される鴉の蔑称である。これを〈声限り〉と詠い〈光あれ〉と讃えるところに、詩としての俳句に没入しその探求に生涯心血を注いだ草田男ならではの自照表現がある。その草田男豊饒の20年間を代表する760余句である。――成田千空」

昭和を代表する俳人・草田男が世を去って20年。第八句集『時機(とき)』刊行から23年。ここに遺された5000句(昭和38-58年)から760余句を「萬緑」同人が精選して、第九句集を刊行する。俳句関係者にとって待望されていた企画を、ここに実現。



著訳者略歴

中村草田男
なかむら・くさたお

1901年、父・修が領事を務めていた中国の廈門に生まれる。本名・清一郎。1904年、母・ミネと帰国し、松山市に住む。1925年東京帝国大学文学部独逸文学科入学、のち国文科に転科。1933年成蹊高等学校(旧制)教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「大虚鳥」の画像:

大虚鳥

「大虚鳥」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/200頁
定価 4,400円(本体4,000円)
ISBN 4-622-07054-5 C1092
2003年8月8日発行
<ただいま品切です>