「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



住み家殺人事件

建築論ノート

著者
松山巖

「建築を新たにつくることは、近代に入ってテロリズムの色彩を強めている。なぜなら、それ以前の時代とくらべれば驚くほどの短時間に周辺環境を変え、人間関係を変えてしまうからだ」
「もはやかつてあったような共同体や『公的』な世界は消えつつある。しかし建築を通じ、建築を考え、建築がつくりだす環境を考えることによって、共同体と呼ぶこともない新たな多彩な声のつながりを生み出せるのではないだろうか」
阪神・淡路大震災、9・11テロ以後もなお、超高層ビルはより空高く新たに林立しつづける。「建築という未完の、断片的な、日常の、対話を覚醒させる地図」を、その描き手である「私たちとはだれか」をあらためて問いなおさなければならない。――「建築雑誌」好評連載「そして私たちは再び地図を描く」(2002年1月-2003年12月号)に大幅加筆。『乱歩と東京』(日本推理作家協会賞)『うわさの遠近法』(サントリー学芸賞)『群衆』(読売文学賞)の著者による縦横無尽の「建築=造家」原論。


目次


ちいさな緑のお家の中に、
ちいさな金色のお家がひとつ。

「だァれがころした、こまどりのおすを」
「そォれはわたしよ」すずめがこういった。

いきなりばんばら藪へとびこむと、
眼玉がポンポンひんむけた。

ふたりの間中を、ちょとごらん、
お皿はすべすべなめてある。

ねこがもうします。
「お天気はどうでしょうね」

ねてもねられずおおよわり、
頭の髪毛もめっちゃくちゃ。

大きな木をきり、
大きなその海にどしんとたおしたら、

おまけに、こっぴどくひっぱたき、
ねろちゅば、ねろちゅば、このちびら。

もそっとおわんがしっかりさえしてりゃ、
ここらでこの歌もきれやしまい。

一切空ちゅうおばあさんがどこかしらにござった。

むしゃむしゃ、がぶがぶ、ぐずりばば、
ぶつぶつぶつぶつまだやめぬ。

さあきた、手燭がお床へおまえをてらしにきた。
さあきた、首切り役人がおまえのそっ首ちょんぎりに。

石だけぽっつりのォこった。たったひとりのォこった。
ファ、ラ、ラ、ラ、ラルド。

それでも、どの面がいちばんおすきか、
やっぱり御本人でおいいやれぬ。

お釘がへれば、
蹄鉄うせる。

あとがき
引用一覧


著訳者略歴

松山巖
まつやま・いわお

1945年、東京に生まれる。東京芸術大学美術学部建築科卒業。作家、評論家。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

著者からひとこと

『住み家殺人事件』を書き上げた後のことだが、7月20日に東京都心の気温は39.5度を記録した。その後も酷暑は続き、東京大阪いずれも真夏日日数の記録を塗り替えた。熱中症で倒れた人も多かった。

私の癖で『住み家殺人事件』も、詩やら小説やら哲学やらを引用し、韜晦めいた文章を綴った。 ...続きを読む »

書評情報

鷲田清一<朝日新聞「折々のことば」 2016年1月22日>

この本の関連書


「住み家殺人事件」の画像:

住み家殺人事件

「住み家殺人事件」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/208頁
定価 2,200円(本体2,000円)
ISBN 4-622-07089-8 C0095
2004年8月10日発行

この本を購入する