みすず書房

82歳の日記

メイ・サートン・コレクション

AT EIGHTY-TWO

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 344頁
定価 3,080円 (本体:2,800円)
ISBN 978-4-622-07096-2
Cコード C0098
発行日 2004年8月10日
備考 現在品切
オンラインで購入
82歳の日記

1994年8月、日記を書き終えたサートンはまもなく闘病生活に入り、1年たらずで亡くなった。長いあいだ、友人たちの手を借りながらも独り居の頑張りをつづけていたが、体調不良と死の予感とともにようやく〈老い〉を受け入れ、それでも最後までこの家に居たいと願って、日常をありのままに、ときにユーモラスに記録しつづけた。猫のピエロがベッドに上がってくるだけで幸せになり、積雪に閉じこめられる暗い冬になると、冬眠する動物になりたくなる。気鬱と闘いながら「すこしずつ手放すこと」を学び、いっぽう想念は時間も空間も越えて、少女時代にまで、あるいはサラエボにまで広がる。行間に滲む彼女ならではのオプティミズムと率直さと勇気は、きっと読者を魅了し、共感を呼ぶことだろう。

夢をしっかりつかめ
夢が消えると
人生は雪の凍りついた
不毛の荒野になるのだから。
(ラングストン・ヒューズの詩、本文より)