「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ピサ詩篇<品切>

THE PISAN CANTOS


『荒地』の刊行によって現代詩に一つのエポックをつくったエリオットは、その詩集において、「より巧みなる詩人に」という「献辞」をパウンドに捧げている。しかし、パウンドが世に出したエリオットの名声に比べると、本人の業績はあまり、とりわけ日本では知られていない。外国では、二〇世紀は〈パウンドの世紀〉であると断ずる批評家もいるというのに……

パウンドはその生涯を、一冊の長篇詩集『キャントーズ』の完成に捧げた。これはパウンド一流の視点から眺めた世界歴史であり、そのテーマは〈利子制度の暗い森に入り、人間の誤謬の歴史をくぐり抜け、光明にいたる〉近代社会の歴史批判である。

詩人のこの歴史観はやがてムッソリーニを賛美するにいたり、戦犯としてイタリアの収容所に入れられることになった。この悲惨な体験から生まれたのが、詩人の〈白鳥の歌〉ともいうべき『ピサ詩篇』である。彼はダンテやウェルギリウス、さらには孔子を下敷きにしながら、現代資本主義の欺瞞を批判しつつ、真の〈文化的な社会〉再建を詩的に構想している。広大な歴史意識と抒情的なテンションの高さにおいて、この詩篇はゆうに『荒地』に対抗する権利をもっている。



著訳者略歴

エズラ・パウンド
Ezra Pound

1885年生まれ。アメリカの詩人・批評家。ペンシルヴェニア大学を卒業後、広くヨーロッパを旅行。つねに現代詩の最前線に位置し、実験的な詩作をつづけた。1972年イタリアにて歿。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
新倉俊一
にいくら・としかず

1930年生まれ。慶應義塾大学卒。フルブライト留学生としてミネソタ大学大学院に留学。明治学院大学名誉教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「ピサ詩篇」の画像:

ピサ詩篇

「ピサ詩篇」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/264頁
定価 5,720円(本体5,200円)
ISBN 4-622-07099-5 C1098
2004年7月15日発行
<ただいま品切です>