「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ブレヒトと戦後演劇

私の60年

著者
岩淵達治

〈私の生涯を決定するほど影響を与えた作家ブレヒトの名前がインプットされたのは、いつのことだろう…〉
『三文オペラ』を筆頭に今でも上演のたえることのないブレヒトの作品。日本でのブレヒトのほぼ最初の上演から目撃し、現在も活躍しているブレヒト研究の第一人者岩淵達治は、60年余にわたる日本のブレヒト受容の歴史にいかに関与し、何を考え、時代のうねりのなかで、戦後日本の演劇世界とどうかかわっていったのか。
第一部では、千田是也との出会いにはじまり、ドイツ留学とベルリンの壁建設、さまざまな劇団の解散や創設、ブレヒト中国公演、ハイナー・ミュラーのこと、ドイツ統一、ブレヒト生誕百年までの歴史を、多くの演劇人との交流、翻訳を主としたドイツ文学者としての仕事、1955年の『家庭教師』から『賭場の聖ヨハンナ』『肝っ玉おっ母とその子供たち』『コーカサスの白墨の輪』、1999年の『リンドバーグの飛行』まで、数々の演出の話も交えながら書き下ろす。
第二部では、1959年に書かれた「ベルリーナー・アンサンブルの現状や」や『ゼチュアンの善人』稽古場ノートである「今日の世界はブレヒトによって再現できるか」など、過去の演出ノートや論考などを掲載し、時代性・情況性を浮き彫りにした。
「結局私はブレヒトのテクストを重視するブレヒト原理主義者と自称せざるをえなくなってくる…」自伝的な形式で書かれた類例のない戦後演劇史である本書は、おのずとブレヒト入門にもなっている。


目次


I
ブレヒトとの出逢い
千田是也先生との出逢い
ドイツ留学時代のこと
日本に帰って
『屠場の聖ヨハンナ』『肝っ玉おっ母』『都会のジャングル』
新人会の解散
BBの時代
ベルリン映画祭と東ベルリンのブレヒト
ブレヒト中国公演のころ
ブレヒト生誕九〇年前後
ドイツ統一の中でのブレヒト
ハイナー・ミュラーを追って
千田先生の死
ブレヒト生誕百年と私
II
ベルリーナー・アンサンブルの現状
「雲」裁判へのアポロギー
B・B公演バールについて
『イル・カンピエッロ』覚え書
『エドワード二世の生涯』
ベルト取らないブレヒト
『都会のジャングル』の問題
『プンティラ旦那と下男のマッティ』
『コーカサスの白墨の輪』の上演にあたって
今ブレヒトについて考える
ブレヒトを例とした翻訳の問題
今日の世界はブレヒトによって再現できるか――『ゼチュアンの善人』稽古場ノート
ブレヒト劇ひとつのコンセプト――教育劇『リンドバークの飛行』演出ノート
終わりに


著訳者略歴

岩淵達治
いわぶち・たつじ

1927年東京生まれ。ドイツ文学・演出家。1951年東京大学独文卒業。学習院大学名誉教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

著者からひとこと

今年は珍しいことに、一月末から四月にかけてブレヒトの劇が何本も上演され、私自身も久しぶりにブレヒトの演出にかかっていた一月中旬に、拙著『ブレヒトと戦後演劇――私の60年』が急に出版される運びになった。 ...続きを読む »

この本の関連書


「ブレヒトと戦後演劇」の画像:

ブレヒトと戦後演劇

「ブレヒトと戦後演劇」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/416頁
定価 4,104円(本体3,800円)
ISBN 4-622-07118-5 C1074
2005年1月24日発行

この本を購入する