「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



あたまの目

人生の見かた




遠いひとより身近なひとのほうがよくわかると、われわれは思っているが、はたしてそうか? 召使いが天才を、親が子を、赤の他人よりも理解しているだろうか? また昭和は江戸時代よりも鮮明だろうか?

ひとの日常はまことにパラドックスにみちていて、一筋縄ではいかない。人生にはよく見えない死角があるのだ。本書は、ちょっと知的な心の目で、人間生活の核心をとらえた、役に立つ人生へのヒントである。


目次


I
心の遠近法/不幸を食う幸福/無用/千里も一里/“のぞき”の様式/虚実/プラシーボ/元気/小毒、大毒を制す/墨守/意味の弁証法/解釈/幻滅/味/顔
II
プレッシャー/まん中/ふくみ/ガスぬき/ヴァリエイション/待つ身/顔見せ/危険/ウソの富士山/激突/風/知らぬが仏/沈黙の中間/球面的/愛のかたち
III
万華鏡/笑い/空間の叙情/本はやらない/名がすたる/必要悪/抜群/風邪/記憶のいたずら/未熟の徳/アト・ホーム/傍(かたわら)/とりちがえ/ユーモア/禁欲的
IV
遠い戦争/数の呪縛/仲立ち/一代限り/還らぬ旅/不肖/めがね/的を愛す/約束/ペット/地図/朝どり/うっかり/人情/虚構
 あとがき


著訳者略歴

外山滋比古
とやま・しげひこ

1923年愛知県に生まれる。47年東京文理科大学英文科卒業。同大学特別研究生修了。51年雑誌「英語青年」編集長、ついで「英語文学世界」「月刊ことば」を創刊、編集。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「あたまの目」の画像:

あたまの目

「あたまの目」の書籍情報:

四六変型判 タテ188mm×ヨコ118mm/200頁
定価 1,980円(本体1,800円)
ISBN 4-622-07121-5 C0095
2004年12月15日発行

この本を購入する