「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



エドマンド・ウィルソン批評集 2<品切>

文学


「エドマンド・ウィルソン(1895-1972)について考える時、われわれは何よりもまずこの批評家の馬力に圧倒される。いや、むしろ、それは怪力と呼ぶにふさわしい。彼は信じ難い量の読書をこなし、世界の文学について該博な知識を持っていた。しかも、ジェイムズやディケンズを論じるとなったら、彼らの膨大な作品をくまなく読み、伝記的資料を渉猟し、それらをすべて頭の中に蓄えた後きれいに整理して、作家の全体像を見事に提示することができた」(佐々木徹「編・訳者あとがき」より)。

死の床に至るまでペンを手放さなかった不撓不屈のジャーナリスト、ヨーロッパのあらゆる言葉に通じ、文学の中に「人間」のかけがえのない生の姿を見出したウィルソン。ジェイムズの〈曖昧性〉、フローベールの〈政治〉、ディケンズの〈傷〉……。思いもかけなかったテーマのもとで、作家たちの生涯とその文学的な営為が一つに重なり合う。ここには、いまだかつて誰も見たことがなかったような豊穣な世界文学が存在している。社会・文明について縦横に論じた『批評集1』に引き続き、ウィルソンの本領とでもいうべき世界文学論を一冊に集成。



著訳者略歴

エドマンド・ウィルソン
Edmund Wilson

1895年ニュージャージー州に生まれる。1916年、プリンストン大学卒業。スコット・フィッツジェラルドと同期。第一次世界大戦従軍後、雑誌『ヴァニティ・フェア』『ニュー・リパブリック』の編集に参加。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
中村紘一
なかむら・こういち

1942年、京都に生まれる。京都大学大学院文学研究科修士課程修了。現在、京都大学大学院文学研究科教授(アメリカ文学)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
佐々木徹
ささき・とおる

1956年、大阪に生まれる。京都大学、ニューヨーク大学に学ぶ。現在、京都大学大学院文学研究科助教授(英文学)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
若島正
わかしま・ただし

1952年、京都に生まれる。京都大学理学部卒業。同大学院文学研究科修士課程修了。現在京都大学大学院文学研究科教授(英米文学)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「エドマンド・ウィルソン批評集 2」の画像:

エドマンド・ウィルソン批評集 2

「エドマンド・ウィルソン批評集 2」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/344頁
定価 3,888円(本体3,600円)
ISBN 4-622-07141-X C1098
2005年9月16日発行
<ただいま品切です>