「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



更年期

日本女性が語るローカル・バイオロジー

ENCOUNTERS WITH AGING


近年、更年期を、閉経以降の女性ホルモン“欠乏”と関連づけられている西洋医学的概念「メノポーズ」と基本的に同一視し、医療化する趨勢が強まっている。著者は、医療化が始まる直前の80年代に、当時更年期に該当していた日本女性を対象として医療人類学的調査をおこなった。そこでは意外にも、北米で言うメノポーズと日本の更年期との間に、身体症状の明白な違いがあることが示された。著者は〈語り〉の分析をとおして、「メノポーズ=更年期」という図式や、「暇人の病」など、更年期に絡みつく神話をねばり強く解体してゆく。

本書がとりあげている“昭和一桁”世代の女性の語りから浮かび上がるのは、混乱期に生まれ、世界観の激変の中をひたむきに生きてきた女性たちの個人史、そしてあくまでその個人史と結びついた「更年期」の自覚症状の出現である。著者は「異常とされるのは更年期自体ではない。……更年期は圧倒的に社会的なカテゴリーなのである」と指摘する。

更年期というカテゴリーの独自性を十二分に示したのち、後半で著者は、「もし更年期を日本の歴史と文化の産物と見るのなら、なぜメノポーズを西欧文化の産物と考えてはいけないのだろうか?」と問いを逆転させる。そして西洋の医学史・文化史をたどる周到な議論によって、「メノポーズ」という概念から“生物学的普遍性”の御墨付きを引き剥がすのである。これを受けて最終章は、メノポーズに対するホルモン療法のリスク‐ベネフィットを再考し、治療方針に関する具体的な提言をおこなっている。この事例はまた、ローカル・バイオロジーの視点からの西洋医学的治療のリスク‐ベネフィットの再検討という、普遍的な課題の存在を示唆している。


目次


日本語版まえがき
プロローグ
第1部 日本――成熟と更年期
第1章 人生の変わり目――定まらない定義
第2章 確率からみた更年期
第3章 あきらめ、抵抗、満足――成熟という語り
第4章 現代の病理
第5章 揺れるしつけと病む家族
第6章 怠惰な専業主婦という幻想
第7章 規格から外れた女たち
第8章 自己統制と身体調整
第9章 ありきたりの発言の裏にあるもの――抵抗という儀礼
第10章 更年期を治療する
第2部 「回避すべき時期」から「欠乏症」へ
第11章 メノポーズはどのようにつくられたか
第12章 自然=本性に反して――メノポーズは老いと衰えの前触れ
エピローグ
謝辞
原註
訳者あとがき
参考文献
索引


著訳者略歴

マーガレット・ロック
Margaret Lock

英国ケント州生まれ。カナダ在住。マッギル大学医療社会学部・文化人類学部教授。カナダ・ロイヤル・ソサエティ会員。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
江口重幸
えぐち・しげゆき

1951年生まれ。1977年、東京大学医学部医学科卒業、現在は東京武蔵野病院(教育研究部長)。精神科医。文化精神医学、医療人類学、力動精神医学史に関心をもつ。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
山村宜子
やまむら・よしこ

翻訳家。1946年生まれ。国際基督教大学卒。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
北中淳子
きたなか・じゅんこ

1970年生まれ。シカゴ大学修士、マッギル大学博士課程在籍、慶應義塾大学文学部助手。専門は医療人類学。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

編集者からひとこと

女性の老いをありのまま見つめるとは、まさにこういうことではないでしょうか。更年期とは、文字通り絡みあった心と体が老いと出会い、受け入れる過程であることを、単なる机上の理論ではなく具体的な現象の記述の積み重ねによって教えてくれる本。

書評情報

森岡正博<日本経済新聞 2005年11月6日>
日本女性の口から語られる経験の厚みや多様性は感動的である。……更年期という切り口から、日本女性たちの生のリアリティーが溢れ出てくる。北米ではホルモン治療によって、閉経後も「女」として自己実現しようという流れが強いが、著者はそれには疑問を投げかける。著者が日本女性から学んだことのひとつは、老いをいかにして肯定的に生きるかということだったからである。急速に米国化しつつある現在の日本社会に対する、辛辣な批評としても読める好著である。もちろん医療人類学の成果としても秀逸である。
宮沢康朗<毎日ライフ 2006年1月号>
著者は京都を第二の故郷としており、本書も日本を中心に各地でインタビューを重ね、膨大な数の個人史を収録している。日本人協力者、訳者の水準が極めて高く、2段組み、480頁の大著を一気に読ませて見事であり、古典的価値がある。

この本の関連書


「更年期」の画像:

更年期

「更年期」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/496頁
定価 6,048円(本体5,600円)
ISBN 4-622-07161-4 C0047
2005年9月16日発行

この本を購入する