みすず書房

世に出ないことば 電子書籍あり

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 256頁
定価 2,750円 (本体:2,500円)
ISBN 978-4-622-07165-5
Cコード C0095
発行日 2005年9月20日
電子書籍配信開始日 2013年4月 1日
備考 現在品切
オンラインで購入
電子書籍を購入 *価格は各電子書店でご確認ください
世に出ないことば

『夜のある町で』『忘れられる過去』につづくエッセイ集である本書『世に出ないことば』について、あとがきで著者は、こう書いている。

「読書が、この本の中心になった。いろんな作品を読み、以下のことを感じた。
文章は、どの人のものも、ことばという木の葉をいくつか、ときには、いっぱいつけて出てくる。身がかくれるようないでたちで、登場する。書きたくはなかったこと、そうは思えなかったこと、急だったこと、いまは埋めておきたいこと、このあとで気づくことになることなどが、あるためだろう。そのあたりは光が足りず、なかなか決められないものだ。文章にも、ことばひとつにも、世に出ない世界があるのだ。そのまわりを歩いた。木の葉をつけて、歩いてみた。」

「水曜日の戦い」「ぼくのせっけん」「悲しくはない絵」「封筒の世界」「東京にはいない人」など66編。いちばん気になる作家の、いまとこれからが、つまっている。