「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



転回期の科学を読む辞典

著者
池内了

「現代の科学者は、過去を振り返ってそこから教訓を得ることが不得手になっている。研究現場がかつての家内工業的な手作業から近代的な分業体制に移行して、研究の手法や研究室運営が一新されたことが根源にある。過去から何も学ぶべきことがないかのように思い込むようになったためだ。また、未来を想像することも忘れてしまった。現在の研究の急進展に遅れまいとするあまり、先行きのことまで考えられなくなったことに原因がある……。

しかし、だからこそ、現在を転回の時代と捉え直し、過去を省察する中で未来を展望する必要があるのではないだろうか。私たちには、過去から引き継いだものを確実に継承して未来に受け渡していく義務がある……浮かれ足となって足跡を絶やしてはならないのだ」(あとがき)。

本書は、転回期にある科学の話題をキーワードとして掲げ、39のそれぞれの項目について、まず歴史的な経緯を縦糸にして辿り、ついで現在の学問の状況を横糸にして転回の有りようを詳細に考察している。地球環境問題や生態系の危機など、人間の未来が危うい現在、本来あるべき〈科学〉を構想した、現代人のための〈読む辞典〉。



著訳者略歴

池内了
いけうち・さとる

1944年兵庫県生まれ。京都大学大学院理学研究科博士課程修了。現在早稲田大学教授。宇宙物理学専攻。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「転回期の科学を読む辞典」の画像:

転回期の科学を読む辞典

「転回期の科学を読む辞典」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/328頁
定価 3,024円(本体2,800円)
ISBN 4-622-07179-7 C0040
2006年1月12日発行

この本を購入する