みすず書房

人生があなたを待っている 1

〈夜と霧〉を越えて

WHEN LIFE CALLS OUT TO US

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 296頁
定価 3,080円 (本体:2,800円)
ISBN 978-4-622-07213-3
Cコード C0011
発行日 2006年6月22日
オンラインで購入
人生があなたを待っている 1

「ドン、ウィーンに訪ねてきてくれないか。私たちの人生を話しておきたいんだ」本書は、アメリカの一臨床心理学者が、1993年から7年間にわたって晩年のヴィクトール・フランクルと妻エリーのもとを訪れ、夫妻とその家族、友人へのインタビュー、取材を重ねてまとめた、ふたりの愛の歴史である。

晩年のフランクルは、ロゴセラピーの仕事に全精力をかたむけ、回顧録をまとめる余裕などなかった。そのフランクルとエリーが、自分たちの人生を記録してもらおうと選んだのが、学生時代にウィーンで1年だけフランクルの指導を受け、30年を経てアメリカで夫妻と再会したばかりのクリングバーグだった。ホロコーストの研究家でもなければ歴史家でもなく、プロのライターでもない著者は、虚心坦懐に夫妻の話に耳を傾け、彼らの生きたウィーンとその時代を複層的に描き出してゆく。

第1巻は、ヴィクトール・フランクルの子供時代に筆を起こし、フロイトやアードラーとの出会いと相克、ロゴセラピーのはじまり、そして、ナチ政権下の収容所体験と戦後の復職までを描く。全2巻。