「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



フランツ・ファノン

著者
海老坂武

フランツ・ファノンとは何者か。精神科医であり、アルジェリア戦争に身を投じた第三世界解放の理論家、抑圧と非人間化への宣戦布告の書『黒い皮膚・白い仮面』はじめ4冊の著書の作者、そして仏領アンティルに黒い皮膚をもって生まれたマルティニック人――ファノンの思想の独自性をなすものは何か。

十代後半でその著者に出会い、以後一貫してファノンに関わりつづけてきた著者はかつて、パリ、マルティニック、アルジェリアとみずからの足で歩き、ファノンの生涯と思想の展開のあとをたどった。その成果は1981年刊の『フランツ・ファノン』として上梓される。それから四半世紀――「一つの思想の正しさとは、後の歴史に照らして勝ったか負けたかではない。…一つの思想の正しさとは、その時代に対しいかなる人間的真実をもたらしたかによってはかられるべきだ。その正しさは相対的であり、時代とともに滅びていくことは当然ありうる。ファノンについて私は、人間に関するいかなる真実を彼が明るみに出したかを十分に語ったつもりだ。死後40年、それらの真実はいまどの程度の光を放ち続けているのか」(本文より)

近年、クレオール性、ポストコロニアリズムというステージで、ことさらファノンに光があてられている。が、そもそもファノンの思想は、ネグリチュード‐黒人性を脱し、皮膚の色を超えた〈人間〉の立場へ向かおうとすることから始まったのではなかったか。終章「ファノンと現代」を新たに書きあらため、21世紀の世界の中で、いわゆる暴力論をも含めたファノンの思想全体をみつめなおした決定版。



著訳者略歴

海老坂武
えびさか・たけし

1934年東京に生まれる。 東京大学文学部仏文科卒業。 同大学院(仏語・仏文学)博士課程修了。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

著者からひとこと

ファノンのどの言葉も彼自身の生の現実に根ざしている――最初に彼の本に接したときからそんな思いを抱くようになった。『黒い皮膚・白い仮面』を翻訳し、ファノンについていくつかの文章を書くたびにこの思いはますます強くなっていった。 ...続きを読む »

この本の関連書


「フランツ・ファノン」の画像:

フランツ・ファノン

「フランツ・ファノン」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/344頁
定価 3,672円(本体3,400円)
ISBN 4-622-07215-7 C1010
2006年6月1日発行

この本を購入する