「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



文学シリーズ lettres

秋の四重奏<品切>

QUARTET IN AUTUMN


ロンドン、全員ひとり暮らしの男女が四人。共に、同じ会社に勤め、定年間近の年齢である。まず女性二人が退職する。そのうち、マーシャがやがて亡くなり、レティは老後の生活になんとか順応しようと努める。男たち、エドウィンとノーマンはまだ勤めているが、まもなく会社を去ることになるだろう。こうした四人の平凡な日常風景――職場のやりとりや昼食、互いのささやかな思いやりやすれ違い、ヴァカンスやクリスマスの計画、遺産相続などが淡々と描かれるだけで、何であれ、劇的な事件には発展しない。マーシャの死さえも日常生活の中の一齣にすぎない。これら凡庸な四人のありふれた〈老い〉が、この味わい深い上質のユーモアに満ちた〈コメディ〉の核心をなしている。われわれはここで、静かに奏でられた、ふつうの現代人の、孤独な〈生と死〉の意味あるいは無意味に向き合うことになる。

温厚かつ辛辣な作風によって、〈現代のオースティン〉という声価を得た英国作家の代表作。



著訳者略歴

バーバラ・ピム
Barbara Pym

1913年に英国シュロプシャに生まれる。オクスフォード大学在学中に第一作を執筆(50年刊行)。海外での軍の仕事の後、母親の看護のため故郷に帰る。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
小野寺健
おのでら・たけし

1931年横浜に生まれる。1955年東京大学文学部英文科卒業。1957年同大学大学院修士課程修了。現在日本大学教授。文化学院講師。横浜市立大学名誉教授。英文学専攻。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

<hitoiki 2010年11月号>
瀧井朝世<波 2012年5月号>

この本の関連書


「秋の四重奏」の画像:

秋の四重奏

「秋の四重奏」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/248頁
定価 3,024円(本体2,800円)
ISBN 4-622-07216-5 C0097
2006年5月23日発行
<ただいま品切です>