「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



回想の朝永振一郎【新装版】


くりこみ理論により、1965年にノーベル物理学賞を受賞した朝永振一郎。歿後から一年、1980年7月8日に刊行された本書を、生誕百年にあたり、新装版でお届けする。

物理学者として、さらに東京教育大学学長や日本学術会議会長として、教育者、行政家の役割を担った、朝永の全体像が浮び上がるように、36人の執筆者、および16篇の自身の文章と2篇の対話、さらに多数の写真を収録する。全体は6期に分かれ、幼稚園の先生、御親族、同級生、同僚、また科学者京都会議を共に呼びかけた大佛次郎、桑原武夫の証言を、生涯に沿って読むことができる。

朝永の人間像を理解する個人史としてのみならず、日本の物理学の歴史をたどる貴重なドキュメント。


目次


I 誕生と幼少年時代
対談 ろくじゅうねんぶり  芹川鉙子/朝永振一郎
京都と私の少年時代  朝永振一郎
父  朝永振一郎
振一郎と私  大枝益賢
少年のころの兄の思い出の断片――その環境を中心に  朝永陽二郎
中学時代の朝永君  池田長守
トムスマイルは消えた  難波進
比叡の峰に茜さす  岡田幸一
ぶらぶらポカン  北村勝三郎
ともちん  島薗順雄

II 物理学を志して
朝永君の思い出――三高時代を偲んで  小堀憲
女装の朝永君  内藤益一
私の朝永振一郎像  木村毅一
一中、三高を通じての朝永君  西村銕次郎

III 修業時代から独立へ
仁科先生  朝永振一郎
坂田君のこと――名大理学部葬弔辞より  朝永振一郎
朝永先生と東山荘  清水晶
朝永さんと私  竹内柾
仁科研究室理論部の思い出  玉木英彦
回想――理研時代を中心に  小林稔
思い出  河辺喜美子
朝永さんと北軽  野上弥生子
朝永さんのドイツ時代  岡田辰三
ドイツから父への手紙(1939年4月1日)  朝永振一郎
結婚前後の思い出  朝永領子
朝永先生の思い出  田地隆夫
朝永振一郎先生のこと 宮島竜興

IV 戦後、廃墟のなかの素粒子論のメッカ
くりこみの史蹟――1947年の朝永研究室訪問  伊藤大介
大久保時代の思い出  馬場一雄
プリンストン通信抄  朝永振一郎
特徴ある風ぼう――プリンストンの物理学者たち  朝永振一郎
プリンストンにおける朝永先生  小平邦彦

V 研究者から科学行政家に
原子力時代・世界と日本(対談)  大佛次郎/朝永振一郎
大佛次郎さんとの初対面  金関義則
大学は学問探求の場――新入生を迎えて  朝永振一郎
大学の使命を自覚しよう――学長再任を受諾して  朝永振一郎
忘れられないこと  小沼通二
小さな、無名の会合  田中慎次郎
朝永さんのこと――学術会議時代を中心にした  桑原武夫

VI 晩年
誕生70年記念パーティでの謝辞  朝永振一郎
朝永先生誕生70年記念パーティ(1976)でのスピーチ  山口嘉夫
先生とお酒のはなし  小室加代子
計画オンチ  朝永振一郎
朝永先生の想い出  藤井康男
朝永先生追悼  円地文子
弔辞  武見太郎
弔辞  荒木三郎
朝永振一郎教授を思う  周培源
献盃のことば  荒木三郎
弔電抄  アーゲ・ボーア/アブダス・サラム/ボーア研究所有志
発病から納骨まで  朝永領子
年譜
編者あとがき  松井巻之助


著訳者略歴

松井巻之助
まつい・まきのすけ

1913年長野県に生れる。1939年東京文理科大学理学部物理学科卒業。1952-84年みすず書房編集部勤務。1984年歿。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「回想の朝永振一郎【新装版】」の画像:

回想の朝永振一郎【新装版】

「回想の朝永振一郎【新装版】」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/416頁
定価 3,024円(本体2,800円)
ISBN 4-622-07222-X C0042
2006年4月19日発行

この本を購入する