「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



大塚久雄 人と学問

付 大塚久雄「資本論講義」


経済史研究、マックス・ウェーバー研究で日本の社会科学に大きな足跡をしるした大塚久雄。今年はその没後10年に当たる。

『大塚久雄著作集』(全10巻、岩波書店)の担当編集者だった石崎津義男のことを大塚は、「なにか共著者のような気持さえする」と言っている。私事についてあまり細かく話さない大塚だが、石崎には幼少時からの過去についていろいろと語った。それは『著作集』完結後もつづき、分厚いメモが石崎の手許に残った。それに時代背景を加えて整理したのが本書である。

左脚切断、左肺の3回にわたる大手術、戦前の右翼からの攻撃、戦後の〈大塚史学〉批判、『株式会社発生史論』(1938)の刊行、『欧州経済史序説』(1938)の朝鮮人学生への影響……。幼年時代から晩年まで、大塚久雄の人と学問を知るための稀有な書である。

大塚久雄「資本論講義」を付す。



著訳者略歴

石崎津義男
いしざき・つぎお

1930年東京に生まれる。東京教育大学附属高等学校卒。1949年岩波書店入社、宣伝・営業・製作・編集・経理の業務に従事。1990年専務取締役、1997年退社。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「大塚久雄 人と学問」の画像:

大塚久雄 人と学問

「大塚久雄 人と学問」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/240頁
定価 2,860円(本体2,600円)
ISBN 4-622-07228-9 C1033
2006年7月3日発行

この本を購入する