「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



夢の漂流物

私の70年代

著者
白倉敬彦

瀧口修造、宮川淳、安東次男、駒井哲郎、若林奮、飯島耕一、吉増剛造、豊崎光一、加納光於、中西夏之、荒川修作、志水楠男。かれらと共にあって、美術・詩に沿いながら、自らが見たい、読みたいモノを創出するため腐心した日々のドキュメント。バブル期を境にして、文学・芸術さえも商品とみなしてしまう時代の風潮に棹さす、無頼の一書。



著訳者略歴

白倉敬彦
しらくら・よしひこ

1940年北海道に生まれる。早稲田大学文学部中途退学。現代美術のプロデュースを始め、広く美術の企画、編集に従事する。現在、国際浮世絵学会常任理事。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「夢の漂流物」の画像:

夢の漂流物

「夢の漂流物」の書籍情報:

A5変型判 タテ200mm×ヨコ148mm/272頁
定価 4,950円(本体4,500円)
ISBN 4-622-07232-7 C1070
2006年8月17日発行

この本を購入する

<在庫僅少です>