みすず書房

ナショナリズムの発展【新版】

NATIONALISM AND AFTER

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 120頁
定価 2,640円 (本体:2,400円)
ISBN 978-4-622-07242-3
Cコード C1031
発行日 2006年9月 7日
備考 現在品切
オンラインで購入
ナショナリズムの発展【新版】

ナショナリズムによる衝突は、なぜ起きるのか。イギリスの外交官として、1919年ヴェルサイユ平和会議に随行、その後ロシア問題や、国際連盟の担当となり、1936年退官後はウェールズ大学の教授を務めたE.H.カーが、その問いに答える。『歴史とは何か』『危機の二十年』『ソヴィエト・ロシア史』など多くの著書のなかで、1945年、第二次世界大戦終結直後に出版された本書には、その歴史観の真髄が込められている。

第1章「ナショナリズムの極点」では、第一期をフランス革命、ウィーン会議にいたるまで、第二期を第一次世界大戦終結まで、第三期を第二次世界大戦勃発まで、と分けることにより、政治と経済の両面から歴史的・理論的に考察する。第2章「国際主義の展望」では、第二次世界大戦後の国際政治を予測する。個人と国家および民族と国家の関係、更に国際社会との関係、また新たなる国際組織への期待が論じられる。

外交官としての現実的な視野と、歴史家としての深い洞察は、現在われわれが直面する東西冷戦後のナショナリズムの問題にも、多くのメッセージを投げかけている。