「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



知恵の悲しみの時代<品切>

著者
長田弘



「昭和の戦争の時代を、「知恵の悲しみの時代」として、その時代に遺された本を通して書くこと。この本に取りあげたのは、戦争の時代を語る大きな物語ではとりあげられることのない本がほとんどですが、気もちの素となったのは、昭和の敗戦後すぐにでた世界古典文庫版で読んだ、グリボエードフの死に同時代人としてプーシキンが寄せた言葉――「すぐれた人々は跡形もなくわれわれの許から消えてゆく。われわれは怠惰で無関心である」――でした。この本に書きとどめたのは、戦争の時代の奔流、増水、氾濫の記録ではなく、戦争の時代の見えない伏流水の記録です。この小さな本の試みが、「われわれの怠惰と無関心」の先に、すでに「跡形もなくわれわれの許から消えて」ゆこうとしている一つの時代の遺した言葉と記憶を、いくらかでも鮮明によびもどすことができれば、望外です。」(本書「あとがき」より)

月刊「みすず」好評連載を再編集加筆のうえ一本に。『私の二十世紀書店』の著者ならでは書けぬ名著がここに生まれた。


目次


2001年、秋の朝――プロローグ
1894年にはじまる
人びとを、人びとが、人びとのために
言葉の生き生きとしたかたち(1930)
「複白」の思想(1931)
セルパン臨時増刊野球号(1931)
理解せよ、忘れるな(1932)
マルクス・アウレリウスの戦争(1933)
合言葉はエミイル!(1934)
小河内村水没(1936)
かくてペテルブルグは(1936)
憩ひと想ひの午后(1936)
丹下右膳、乱入(1939)
或る読書家の短い人生(1940)
ハイドンそしてシューマン(1941)
デモクラシーの「元気」(1941)
飛ばないボール(1941)
ガラスの警報(1942)
失われた手(1943)
戦争に必要なもの(1943)
鳶の羽、『魔の山』、欅の木
忘れられたアンソロジー(1943)
根無し草の少年(1943)
何でもない不思議(1943)
小さな書物の歴史(1943)
書物という名の書物(1943)
敗者のパトリオティズム(1944)
登山家の「幸福」(1944)
子どもたちのガリヴァー(1944)
古い言葉に新しい意味を(1945)

2005年、春の朝――エピローグ

あとがき


著訳者略歴

長田弘
おさだ・ひろし

詩人。1939年福島市に生まれる。1963年早稲田大学第一文学部卒業。1971-2年北米アイオワ大学国際創作プログラム客員詩人。毎日出版文化賞(1982)、桑原武夫学芸賞(1998)、講談社出版文化賞(2000)などを受賞。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

<図書新聞 2007年2月3日(土)>
吉岡忍(ノンフィクション作家)
<京都新聞 2007年1月7日(日)>

この本の関連書


「知恵の悲しみの時代」の画像:

知恵の悲しみの時代

「知恵の悲しみの時代」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/240頁
定価 2,808円(本体2,600円)
ISBN 4-622-07252-1 C0095
2006年10月23日発行
<ただいま品切です>