「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



中年記


昭和19年10月に、著者は東京文理科大学英語学英文学科の学生になった。入学早々に主任教授福原麟太郎先生の個人インタヴューがあって、著者はこう質問する――「文学というのがよくわかりません。文学って何ですか」
この後、〈文学とは何か〉が著者の一貫したテーマとなる。それは作家や作品ではなく、〈読者〉が中心をなす研究であった。やがて著者は大学教師と並行して、英語・英文学雑誌の編集長となる。はじめは返品の山に頭をかかえるが、名企画を出して挽回。この辺の試行錯誤が『エディターシップ』にも繋がってゆく。他にも、留学を望まずや三人会の愉しみ、「英語青年」大学、書き下ろしの方法など、著者の知的創造の舞台裏と刺戟的な人生を知る上で恰好のエッセーを収める。本書は、反時代的な姿勢を貫きつつ、オリジナルな文学理論を構想して、中年をみごとに生きた〈研究者=モラリスト〉の自分史である。


目次


戦争と英語/逆風/留学を望まず/「文学って何ですか」/ゲーベンデ・リーベ/幻滅/三人会/雑誌編集/読者/「英語青年」大学/同人雑誌/エディターシップ/修辞的残像/読者論の視点/知的創造/虚言人/古典/ことわざ/文章/テーマ・ノート/書き下ろし/道徳塗説/解釈力/言葉、ことば/あとがき


著訳者略歴

外山滋比古
とやま・しげひこ

1923年愛知県に生まれる。47年東京文理科大学英文科卒業。同大学特別研究生修了。51年雑誌「英語青年」編集長、ついで「英語文学世界」「月刊ことば」を創刊、編集。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

富士川義之(駒沢大教授)
<西日本新聞 2007年4月15日>
河合祥一郎(東京大学助教授)
<読売新聞 2007年3月10日(日)>
富士川義之(駒沢大学教授)
<読売新聞 2007年2月25日(日)>
富士川義之(駒沢大学教授)
<北海道新聞 2007年3月11日>

この本の関連書


「中年記」の画像:

中年記

「中年記」の書籍情報:

四六変型判 タテ188mm×ヨコ118mm/192頁
定価 3,080円(本体2,800円)
ISBN 978-4-622-07281-2 C0095
2007年1月23日発行

この本を購入する