「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ヒマラヤにかける橋

著者
根深誠

ネパール西北部、チベットとの国境にほど近い標高4300mのツァルカ村。近傍の街から最短でも5日のキャラバンを要する、「桃源郷」と呼ばれた半農半牧の村だ。著者はここに、政府やNGOの組織に頼らず、3年がかりで鉄橋を架設し、村人たちの悲願をかなえた。
マオイストによる武装蜂起で政情の混乱するネパールを何度も往復し、はかどらない現地調査、目途の立たない資材輸送、膨れあがる予算に頭をかかえ、官僚機構の泥沼に足を掬われ、体調を崩しながらも、旧知のネパール人やシェルパ族の友人、日本大使など、数人の理解と協力に支えられて、かろうじて計画を遂行していく。
ヒマラヤ奥地の人と自然、内戦状態のネパール、カースト制の遺るヒンドゥー社会や、海外援助のあり方にも目を開かれる、壮大なるドキュメント。


目次


プロローグ ヒマラヤの桃源郷トルボ

第一章 進まない架橋計画
出立
バンコク経由カトマンズへ
埒のあかない打ち合わせ
日本大使との出会い
日本の建設会社を紹介される
橋の発注にこぎつける
アマール君の手助け
ジョムソン村へ飛ぶ
ふたたびナムチェ村へ

第二章 資材の空輸
目途の立たない輸送計画
日本大使の助力
「草の根無償援助資金協力」の署名式
鼻血を流しつつ資材の空輸にこぎつける

第三章 カトマンズの迷宮
入域許可をめぐる悶々たる日々
官僚機構の底なし沼へ
焦燥の日々
ブラトキさん、ビギャン君を叱咤する
ビギャン君、意気消沈
帰路のタクシーで
橋、完成の知らせが入る
ラジェンドラ君のマジック

第四章 トルボへの出発
カトマンズに銀行口座開設
ふたたびカトマンズからポカラへ
架橋工事のあらまし
支払い残額をめぐるトラブル
ジョムソン村で
一路、ツァルカ村へ
大峡谷のサングダ村へ
最大難所トゥジェラの峠越え
いよいよツァルカ村へ

第五章 変貌するツァルカ村の暮らし
現金収入が変えた生活
ツァルカ村の姻戚関係
懐かしい人たちとの再会
ツァルカ村の教育熱
幸運の神様になる
マオイストが来る

第六章 チャンチュンコーラ源流踏査
ツェリン・プルバ君の移牧地へ
移牧地での一日
未踏の山並み
未踏峰でなかったカンテガ峰
無名峰に登る
チャンチュンコーラを下る
ツァルカ村を去る
トゥジェラを越えて帰路につく
竣工式

エピローグ
あとがき


著訳者略歴

根深誠
ねぶか・まこと

1947年、青森県弘前市生まれ。行動する文筆家。ヒマラヤ、白神山地、渓流釣りなどをテーマに著作多数。明治大学山岳部OB。1973年以来、ヒマラヤの旅と登山を続ける。ヒマラヤの未踏峰6座に初登頂。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

編集者からひとこと

ヒマラヤ登山から源流釣りまで、〈行動する作家〉根深誠さんの著書は、これまでで30数冊。そのなかからお薦めの4冊をご紹介しましょう。 ...続きを読む »

書評情報

小松健一(写真家)
<東京新聞 2007年4月29日>
藤田晴央(詩人)
<陸奥新報 2007年4月22日>

この本の関連書


「ヒマラヤにかける橋」の画像:

ヒマラヤにかける橋

「ヒマラヤにかける橋」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/280頁
定価 2,750円(本体2,500円)
ISBN 978-4-622-07284-3 C0095
2007年4月2日発行

この本を購入する

<在庫僅少です>