「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



村上春樹短篇再読

著者
風丸良彦



村上春樹ファンには、とりわけ彼の短篇が好きだという人も多い。この作家の短篇小説には、〈短篇〉という形式において、長篇とはまた異なる、比喩や象徴性に優れた村上ワールド独特の魅力があるからだ。
著者は、村上春樹作品をデビュー作「風の歌を聴け」(1979年)以来、「自分たちの物語」として鮮烈に受け止めてきた、コアな読者世代。村上春樹と共に同時代を呼吸してきた感覚による読解は、ほかの研究・批評書とは異なる肌理をもち、本書自体が、村上春樹のテイストを有している。村上春樹の小説を、仕掛け共々、隅々まで楽しめる評論である。
村上春樹の短篇15作品と、村上訳のアメリカ短篇小説3本(カーヴァー、フィッツジェラルド)を、春樹ファンに向けてディテイルに踏み込んで語る。コアなファンが非常に多い村上春樹作品を味読再読するには格好の書。普通の読み方では飽き足らぬハルキリーダーにとって打ってつけの一冊。


目次


1 緻密に記憶された過去――「午後の最後の芝生」
2 誤謬、あるいは小説の仕掛け――「中国行きのスロウ・ボート」
3 語り手の気づかい、あるいはおせっかい――「納屋を焼く」
4 フーコーを読む「私」――「眠り」
5 呪縛からの解放――「パン屋襲撃」「パン屋再襲撃」
6 長篇小説の始動モーター 1 ――「蛍」
7 長篇小説の始動モーター 2 ――「ねじまき鳥と火曜日の女たち」
8 足された「、」――「めくらやなぎと、眠る女」
9 青少年向けのテクスト――「沈黙」
10 映画化された村上作品 1 ――「トニー滝谷」
11 映画化された村上作品 2 ――「四月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」
12 話してもらいたがるスケッチ――「ハンティング・ナイフ」
13 ブラジャーをはずす女――「蜂蜜パイ」
14 メタフィクションの作動――『東京奇譚集』
15 母による子殺し、あるいは村上春樹によるラカン――「緑色の獣」
番外1 ズレる二項対立――「ささやかだけれど、役にたつこと」(レイモンド・カーヴァー著/村上春樹訳)
番外2 もうひとりの「集める人」――「収集」(レイモンド・カーヴァー著/村上春樹訳)
番外3 名作の再訳――「バビロンに帰る」(F・スコット・フィッツジェラルド著/村上春樹訳)
あとがき


著訳者略歴

風丸良彦
かざまる・よしひこ

1958年、東京都新宿区に生まれる。上智大学外国語学部卒業。文芸評論家。現在、盛岡大学文学部准教授、岩手大学・東海大学非常勤講師。専門は現代アメリカ文学。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「村上春樹短篇再読」の画像:

村上春樹短篇再読

「村上春樹短篇再読」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/256頁
定価 2,700円(本体2,500円)
ISBN 978-4-622-07290-4 C1095
2007年4月9日発行

この本を購入する