「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ロシア共産主義【新装版】

THE PRACTICE AND THEORY OF BOLSHEVISM


圧制から解放されたロシアは我々の側に来るのか。1920年、十月革命から2年半後、哲学者ラッセルはイギリス労働党代表団とともに革命のロシアを訪れた。レーニン、トロツキーと会い、都市・農村では人々と対話を交し、多くの文献資料を読んだ。そして、単にこの時点での現地ルポというだけでなく、ソ連社会の本質的な問題を透察した書を著わしたのである。読者は、彼がここで提出し議論した問題のいくつかが、まさにかつてのソ連で具体的な問題となっていたのを見出すであろう。
「代議制政府の新形態について興味ある実験」をロシアに期待したラッセルが見たのは、「すでに死滅しかけている」ソヴィエト民主主義であった。革命理論の狂信と不寛容は、同胞の苦悩と悲惨にも盲目な国家のテロルを生む。この書の1948年版の序文に、彼は「それ以後のロシア共産主義の発展は、私がかつて予想したものと似ていなくもない」と書き記した。
ロシア共産主義はなぜ失敗したのか。成功の可能性はあったのか。その条件は何か。そしてペレストロイカ以後のロシアを考えるうえでも示唆に富む書。


目次


第二版のための序言的なノート
序言
第一部 ロシアの現状
ボルシェヴィズムの約束するもの/一般的特徴/レーニン、トロツキー、ゴリキー/共産主義とソヴィエト憲法/ロシア工業の失敗/モスクワの日常生活/都市と農村/国際政策
第二部 ボルシェヴィキの理論
唯物史観/政治を決定するさまざまな力/ボルシェヴィキの民主主義批判/革命と独裁/機構と個人/ロシア共産主義は何故失敗したのか/社会主義の成功の条件
訳者解説


著訳者略歴

バートランド・ラッセル
Bertrand Russell

1872年生まれ。イギリスの哲学者。17世紀以来のイギリスの貴族ラッセル家に生れる。ケンブリッジ大学で数学・哲学を学んだ。1895年ドイツを訪れ、社会民主主義の研究に打込む。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
河合秀和
かわい・ひでかず

1933年京都に生まれる。1956年東京大学法学部政治学科を卒業。学習院大学法学部名誉教授。比較政治学担当。現在 中部大学特任教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「ロシア共産主義【新装版】」の画像:

ロシア共産主義【新装版】

「ロシア共産主義【新装版】」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/152頁
定価 1,944円(本体1,800円)
ISBN 978-4-622-07316-1 C1010
2007年6月20日発行

この本を購入する