みすず書房

現代物理学の思想【新装版】

PHYSICS AND PHILOSOPHY

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 232頁
定価 3,960円 (本体:3,600円)
ISBN 978-4-622-07404-5
Cコード C0042
発行日 2008年6月19日
備考 現在品切
オンラインで購入
現代物理学の思想【新装版】

「現代物理学の最近の発展へのこの烈しい反動は、いま物理学の基礎が動き始めたこと、さらに、この動きは基盤が科学から切りはなされるのではないかという感じを起させたことをはっきり認める場合にだけ理解される。同時におそらく、この新たな情勢について語るべき正しい言語がまだ見いだされていないことを意味する。現代の進歩した実験の技術は、科学の視界に常識の言葉では記述ができない自然の新しい面をもちこんだ。しかしそれならば、どんな言葉で記述すべきなのであろうか。このような記述は、果してどの範囲まで可能であろうか。人は原子自体について語ることができるだろうか」(本書より)

時間、空間、実在など、現代物理学の概念は、伝統的な哲学から、どのようにして発展してきたのか。また量子の世界の現象を、言語によりどこまで正確に記述できるのか。ノーベル物理学賞を受賞した、量子力学の開拓者が考察する。

目次

第一章 古い伝統と新しい伝統
第二章 量子論の歴史
第三章 量子論のコペンハーゲン派の解釈
第四章 量子論と原子科学の根源
第五章 哲学的観念の発展と量子論
第六章 自然科学の他の部門と量子論
第七章 相対性理論
第八章 コペンハーゲン派の解釈の批判
第九章 量子論と物質の構造
第十章 現代物理学における言語とリアリティ
第十一章 人間の思考における現代物理学の役割

訳者あとがき