「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



人種と歴史【新装版】

RACE ET HISTOIRE


1952年、ユネスコが世界の人種問題に関する小冊子のシリーズを刊行する。その1冊としてレヴィ=ストロースが書いた、初期の論文。西洋文化の位置付け、歴史的時間の偶然的性格を、専門領域を超えて議論し、明晰かつ的確な言葉でその問題意識を伝える。その視野の拡がりは、個々の文明を相対化する力を持ち、21世紀を生きるわれわれにも強く訴えかけてくる。


目次


まえがき
1 人種と文化
2 諸文化の差異
3 民族中心主義
4 古文化と原始文化
5 進歩の観念
6 停滞的歴史と累積的歴史
7 西洋文明の位置
8 偶然と文明
9 諸文化の協働
10 進歩の二重の方向

クロード・レヴィ=ストロースの業績  ジャン・ブイヨン
訳者あとがき


著訳者略歴

クロード・レヴィ=ストロース
Claude Levi-Strauss

1908年ベルギーに生まれる。パリ大学卒業。1931年、哲学教授資格を得る。1935-38年、新設のサン・パウロ大学社会学教授として赴任、人類学の研究を始める。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
荒川幾男
あらかわ・いくお

1926年神戸に生れる。1951年東京大学文学部哲学科卒業。元東京経済大学教授。著書『三木清』(紀伊國屋書店、1968)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

渡辺靖(文化人類学者)
<読売新聞 2009年1月11日(日)>
中条省平(仏文学者)
<週刊文春 2009年1月1日・8日号>

この本の関連書


「人種と歴史【新装版】」の画像:

人種と歴史【新装版】

「人種と歴史【新装版】」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/120頁
定価 2,808円(本体2,600円)
ISBN 978-4-622-07429-8 C1010
2008年11月10日発行

この本を購入する

<在庫僅少です>