「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



日本のコード

〈日本的〉なるものとは何か

著者
小林修一

社会学、言語学、思想、それぞれの先行研究を通して、日本の社会・言語・文化に潜在するレトリカルな認知構造を析出し、日本の文化と社会を論ずる。
グローバル化の煽りを受け、〈日本的〉なるものは変質を余儀なくされてきたと言われている。ここでは、その〈日本的〉といわれることの実質について、理論的、方法論的に一貫した分析枠組みを提供する。日本社会の変革可能性を展望するために、認識の整理を試みた。

本書は、こうした統一的「枠組み」として、日本語、日本文化、日本社会(像)に潜在するレトリカルな「認知構造」(=「日本のコード」)の析出を試みたものである。詳細は第二章で展開されているが、メトニミー的認知構造は、メタファー的認知構造に比べて、より原初的、基層的なものであり、しかも、そうした構造が古代以来ほぼ純粋に継承され、「日本的」なる上部構造としての日本的発想や文化、社会観を育んできたと考えられる。それを可能にしたのは、独自の地政学的条件によるところが大きいだろう。また、こうした日本語の構造の基底に位置する認知構造の所在は、丸山眞男の思想的「古層」と、フーコーのいう出来事としての「言表」との間のどこかに位置するものである。「日本のコード」を巡る現実的諸条件群や方法論的に精緻な考察は残された課題である。にもかかわらず、すでに述べた「日本的」なるものを巡る緊急事態に呼応すべく、析出されたコードの提示を本書の課題とした。(「はじめに」より)


目次


I 日本語のコード
第一章 日本語の身体
第二章 日本語のコード

II 日本文化のコード
第三章 日本的発想と主体性
第四章 私小説のコード
第五章 造形のコード

III 日本社会のコード
第六章 「世間」のコード
第七章 家族国家のコード
第八章 家族国家のメトニミー的膨張

あとがき

文献一覧


著訳者略歴

小林修一
こばやし・しゅういち

1951年、東京生まれ。1982年、法政大学大学院社会科学研究科社会学専攻博士課程修了。現在、東洋大学社会学部教授(社会学博士)。専攻:社会学理論、文化社会学、社会学思想。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

著者からひとこと

本書は、前著『ヒト・社会のインターフェース』(法政大学出版局、2005年4月)のいわば応用編として、日本の社会文化を対象として分析を試みたものである。 ...続きを読む »

この本の関連書


「日本のコード」の画像:

日本のコード

「日本のコード」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/272頁
定価 3,520円(本体3,200円)
ISBN 978-4-622-07446-5 C1036
2009年2月20日発行

この本を購入する