「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



文学の門

著者
荒川洋治

「人間とはなんだろう。人は苦しいときに、どんなことを思い、何を残そうとするのか。ことばは、作品は、自分のためにあるだけのものでよいのか。作家の目は、いま輝いているのか。」
「…「文学者」がいたことを、今日の読者は知らない。まわりにそういう人の姿をみかけることがなくなったからだ。作品だけを書いて、みちたりる作家しかいないからである。興味の幅がせまくなった。興味をひろげるための空気をどのようにつくりだすかという心のはたらきもにぶる。」
「いま歌をつくる人たちは、自分が歌をつくることだけに興味をもち、歌をかえりみなくなったように思う。これまでの名歌をそらんじたり、しっかり文字に記すことのできる人は少ない。歌の歴史への興味もうすい。おそらく自分が「濃い」のだ。自分を評価しすぎているのだ。」
詩、歌、小説、批評などの「ジャンル」は、いま、どのような門をかまえるのか。これからどんな力と役割にめざめるのか。
現状をなげくのではなく、かつて書かれたものを読み返し、「実学としての文学」を考える新エッセイ集。「同時代に荒川洋治という書き手をもつのは、この上なく幸せなことなのだ」(池内紀氏)


目次


I
散文がつくる世界
花模様の夢
沈んでいいものはない
文学の門
午前一〇時の波
「すべては遠い」
批評の影
見えるかぎりのものを
小熊秀雄

II
「発見」を見る
小型国語の世界
「ノリとハサミ」の贈り物
印象のない王朝
紙の音
「坊や」の頭をなでながら
ふたりで、ふたり
屋根の上のカボチャ
椿姫のようす
キエフの坊ちゃん
見ていることば
あっ!
切る
平次の顔のなかに
日記のなかのオーロラ
ひっつく
そのままの道
赤い記憶
おやつを知ると、親しみがわく
「一日」の本
軌道とラッパ
あいろ
労働文学
基礎の時間
出典の読書
タムラマロと、サガミガワ
坊主

III
「昭和一〇年代作家」への旅
実学としての読書
「風土記」のなかの風景
昭和五、六年のうどん玉
屋上のなわとび
チェコの森の草むら
記録のことば
理科の感想
「1954」の読書
磯田光一
眼のなかの世界
もう少ししたら、きれいになるよ
先生
思われる歌
岸辺の声
文字のことば
「本をばらす」衝撃
暮れてからの旅

あとがき


著訳者略歴

荒川洋治
あらかわ・ようじ

1949年福井県生まれ。現代詩作家。1972年早稲田大学第一文学部卒業。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

<毎日新聞 2010年1月31日(日)>
川上未映子(作家)
<読売新聞 2010年1月10日(日)>
井坂洋子(詩人)
<てんとう虫 2(2010年2月号)>
<産経新聞 2010年1月31日(日)>
水無田気流(社会学者)
<週刊文春 2010年2月4日号>
白井明大(詩人)
<図書新聞 2010年4月10日(土)>

関連リンク

この本の関連書


「文学の門」の画像:

文学の門

「文学の門」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/232頁
定価 2,750円(本体2,500円)
ISBN 978-4-622-07501-1 C0095
2009年12月10日発行

この本を購入する