「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



文学シリーズ lettres

よくできた女<品切>

EXCELLENT WOMEN


舞台は、まだ食料配給がつづく戦後のロンドン。ヒロイン兼語り手のミルドレッドは30歳を過ぎた独身女性。両親の残してくれたささやかな収入に頼りつつ、パートタイムで働く彼女は、親しい牧師姉弟や旧友ドーラと交流したり、教区活動に加わったりしながら平穏な生活を送っていた。
そんな彼女の住むフラットの下に、文化人類学者のヘレナと海軍将校の夫が引っ越してきた。美人で魅力的だが家事はさっぱりのヘレナと、ハンサムで女たらしのロッキーという「華のある」夫妻の登場で、ミルドレッドの静かな生活に波風が立ちはじめる……
さしたる大事件も突出した人物もないのに読者をうならせる。定年退職小説『秋の四重奏』で日本の読者の心もつかんだ、バーバラ・ピム。没後に評価ますます高まり「20世紀のオースティン」とも称される英国女性作家ピムの代表作にして、「おひとりさま」小説の傑作を、瑞々しい訳文で楽しまれたい。



著訳者略歴

バーバラ・ピム
Barbara Pym

イングランド・シュロップシャー州のオスウェストリーに生まれる。オックスフォード大学セント・ヒルダ・コレッジ卒業。1950年、『なついた羚羊』でジョナサン・ケープ社からデビュー。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
芦津かおり
あしづ・かおり

京都大学文学部卒業、同大学大学院修士・博士後期課程修了。大谷大学専任講師・准教授を経て、現在は神戸大学大学院人文学研究科准教授。イギリス文学。主にシェイクスピア劇を中心に研究している。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

酒井順子(エッセイスト)
<週刊文春 2011年1月27日号>
江國香織<毎日新聞 2011年11月20日(日)>
本郷恵子(東大資料編纂所教授)
<読売新聞 2013年3月10日(日)>

関連リンク

この本の関連書


「よくできた女」の画像:

よくできた女

「よくできた女」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/360頁
定価 3,300円(本体3,000円)
ISBN 978-4-622-07561-5 C0097
2010年11月25日発行
<ただいま品切です>