「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



〈恥ずかしさ〉のゆくえ

著者
菊池久一

「人としての倫理的規範を逸脱してはいないか」という思いや道徳的感情について、恥の感覚を鍵とし、政治・社会的行動から日常行動までを素材に分析する。
「正義」や「倫理」をどのようなものとして構想し、それをいかに実現に結びつけるのか。アガンベン、アーレント、シオラン、フランクル、レーヴィ、ルジャンドル、コノリー、辺見庸、服部文祥ら、様々な思想に論及し、言語政治学の知見を援用しつつ、困難な問いを考究する。

人が大切にされていると実感できる社会を再構築するためには、恥の感情としての「廉恥心」を復権する必要があるのではないか。
第一章では、「みっともなさ」の基準と同義になった羞恥心とは異なる「廉恥」の感情とはなにか、また一般的な罪の意識と恥の感覚との関係について考える。
第二章では、恥の感覚の物語的な構造について考察したうえで、諧調維持を最優先する日本社会における「日本的恥」と、「もののあわれ」に代表される「かなしい」という感情へのナルシシズム的逃避の問題点について論ずる。
第三章では、恥の感覚は、「話すこと」の恥ずかしさと同じ構造を有することが解かれる。さらに、乱調を嫌う姿勢が息苦しさを生んでいく状況と羞恥心の肥大化の関係が検証される。
第四章では、廉恥心復権のために考えるべき点として、徹底した個の闘いとしての「騙る」ことの意義、羞恥心肥大化による「言葉」のもつ涜神的潜勢力の衰退、たんなる「勝手な期待」に成り下がった「信頼」観の変容が考察される。


目次


はじめに――いまなぜ〈恥ずかしさ〉なのか

第一章 〈恥ずかしさ〉のいま
「いまここに在ることの恥」
宗教者であることの恥
「罪」と「恥」
〈宿罪〉と一般的「罪」

第二章 恥感覚の起動原理
人格の物語的構造
乱調を罪とする日本的「恥」
「引き受けることのできないもののもとに引き渡されること」
「恥ずかしさ」と差別意識
「恥ずかしい」と「かなしい」

第三章 「話すこと」の負い目
「話すこと」を止めることができない存在としての人間
羞恥心の肥大化
偽名の〈私〉
自殺の不可能性

第四章 〈恥ずかしさ〉の復権
〈語る=騙(かた)る〉と〈黙る=騙(だま)る〉
言語活動の涜神性
「壁」と向き合う物語的自己
「信頼」観の変容
「言葉」への信頼

おわりに――「暴力こそが唯一の答え」に向き合う

あとがきにかえて
参照文献


著訳者略歴

菊池久一
きくち・きゅういち

1958年生まれ。コロンビア大学大学院修了。現在、亜細亜大学法学部教授。研究領域は、言語政治学、社会言語学。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

著者からひとこと

「(こんな内容のものを)出してよかったんだろうか」。いよいよ自著が配本されようというときに抱く思いは、いつもこれだ。何を偉そうにこんなことが言えるのか、自分を棚に上げてしまっていなかったか、そもそも自分にはこんなことを書く資格があったと言えるか等々。後悔と不安ばかりが脳裏を過(よぎ)ってやまないのだ。 ...続きを読む »

関連リンク

この本の関連書


「〈恥ずかしさ〉のゆくえ」の画像:

〈恥ずかしさ〉のゆくえ

「〈恥ずかしさ〉のゆくえ」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/264頁
定価 3,456円(本体3,200円)
ISBN 978-4-622-07604-9 C0010
2011年5月20日発行

この本を購入する